2013/05/09

苫小牧で第24期女流王位戦第2局、里見香奈VS甲斐智美激突

将棋の第24期女流王位戦5番勝負第2局が9日午前9時から北海道苫小牧市のホテル「グランドホテルニュー王子」で指された。持ち時間は各4時間で、夕刻過ぎには勝負が決まる。
P5090640_2
対局者は先日、女流名人・女流王将・倉敷藤花・女王の5冠を達成したばかりの里見香奈女流王位(21)と、挑戦者の元女流王位でもある甲斐智美女流四段(29)。主催は北海道新聞社で、地元の苫小牧ニュース面では2人の来市を大きく報じていた。
P5090635
第1局は里見女流王位が先勝しており、甲斐女流四段が里見の勢いを止め反撃への足場を作れるか注目された。第2局は甲斐が先手番。立会人は畠山鎮(まもる)七段。戦況は予想どおり相振り飛車から激しい攻めあいになっている。

一方、午後3時からは地元の久津知子女流初段を加えての大盤解説会が同ホテルで開かれた。
P5090641

ちなみに苫小牧と言えば、北海道が名産の貝である「ホッキ」で知られる。ホッキを具にしたホッキカレーが人気というので、ちょっと食べてみたが、なかなかの美味。
P5090637

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/06/05

昼食★無問題★Н

昼食★無問題★Н
天丼セット。900円。

ランチタイムの蕎麦屋はジレンマに陥っている。

本来、ヌードル命の麺の道を歩むべきなのだが、それだけでは日本の食生活的には線が細すぎるのだ。そこで、やむなくウィングを主食たるシャリ界へと広げることになる。

しかし、これがつまずきの石であることは言うまでもない。日本人の食生活全般に食指を伸ばすこと、つまり、戦略なき拡張主義は帝国の心臓部を不安定にするのである。欲をかいて墓穴を掘るのだ。なんでか。

蕎麦屋の天ぷらは本来、ソバつゆの中で泳いでこそ、なじむのである。だが、それがシャリの上で寝るとなると大変だ。ドーム球場でプレーしてきた人間が、アウトドアのどろんこ球場では力を発揮できないのに、よく似ているのだ。うまい衣が意外とべちゃべちゃしていると批判されることになる。

しかも、本来、ソバが主役であるはずなのに、シャリにメーンステージを奪われてしまう。シャリはどんぶりで大きな顔をしているのに、ソバは小さなお椀で愛嬌を振りまかなければならない。プライドもなにもなくなってしまう。友情出演や特別出演では、満腹できないというものだ。

ソバは妥協して、野合してはならない。ソバ天も身の程を知って、自分のホームグラウンドで戦うことで勝利できる。


サラリーマンには人気。
★ごまそば鶴喜。札幌市中央区北1西4、東邦生命ビル地下1階。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/05/21

昼食★無問題★М

昼食★無問題★М
春の旬菜天ぷら、惣菜、そば、ミニかやくご飯、香の物、わらび餅。1080円。

思うに、幅広い階層を集めた統一戦線の最大の問題はだれがヘゲモニーを握るかである。見栄えのいいチャラチャラした連中がのさばっては、地獄への道は善意と高血圧が案内役となる。

ここは失うものは鉄鎖しかない先鋭的プロレタリアートの出番である。しかし、カロリー控えめに、フットワークは軽く、というのが鉄則だ。

春ご飯というカテゴリーで、何を主張するのか。本来は主役であるはずの、そばには鉄の意志が感じられない。かといって、かやくご飯には足元を見ながら進む謙虚さもない。

リーダーなき統一戦線におけるつまずきは烏合の衆ならぬ野合として現象する。ふやけたバラエティーはテレビ局ですら今や放逐されるだろう。

情熱をこそ物質化したい。

★そばうどん家族亭。札幌市中央区南1西2、丸井今井大通館10階。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/04/25

昼食★無問題★Л

昼食★無問題★Л
春野菜の吹き寄せちらし。900円。

穴子、菜の花、サーモンなどの吹き寄せちらし。小鉢2つにみそ汁、漬け物が付く。

雑用があって、久しぶりにパルコに行って、お腹が空いたので立ち寄った。初めてのお店だ。

ちらしというやつは、プチブル的動揺を背負わされて俎上にいる。大衆どんぶりの側に行くべきか、特権すし階級の側に行くべきか?

だが、めしに具を乗せた時点で、ぶっかけ階級であることは明らかだ。

上品に走らず、ワイルドに行け、ベイビー。その階級性を貫く一筋の証こそ、醤油ソースである。ためらわず、どばっとかけたい。

だが、味付けが日和見的だと、醤油は出番を失ってしまう。ここがロドゥースだ!という蜂起の瞬間を逸してしまうにだ。
上目づかいのちらしには下放が必要だろう。

★水の韻。札幌市中央区南1条西3丁目、札幌パルコ7階。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/04/16

昼食★無問題★К

昼食★無問題★К
みそラーメン。850円。

義理の母が87歳で亡くなった。一週間ほど、葬儀やらなんたらかんたらで追われた。哀しいことは哀しいが、いわば体調最悪の一因であったのだから、一段落したことで少し落ち着いてきている。

久しぶりに会社で仕事をした。昼休み、仏壇に魂を入れる準備の一つで、大丸藤井に小筆と墨汁を買いにいく。高いものだなあ、書道用品は。嘆息のあと、ふと見ると、味の三平があった。昼下がりでもあったので、ぶらりと立ち寄る。

昔に比べると、空いているというのは気のせいだろうか。それでも、食べているうちに、どんどん客が増えるのはさすがだ。

さっぽろラーメンと言えば、みそ味。その発祥の店ということで、みそラーメンを頼む。相変わらず、激味系が増えた昨今のお店に比べると、淡泊だ。それでも、塩味が効いていて、しっかりしているのはさすがだ。タマネギさんは大柄で浮かんでいる。

うまいか、と聞かれれば、うまいと答える。物足りないか、と聞かれれば、そうも言える。いずれにしろ、ベースということか。仕事を抜けて外で昼飯を食べるのを忘れていたことに気づいた。

★味の三平。札幌市中央区南1条西3丁目、大丸藤井セントラル4階。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2008/03/05

昼食★無問題★Й

昼食★無問題★Й
しょうゆラーメン。320円。

どうも役所は苦手だ。それでも、やむを得ない事情が起これば足を運ばざるを得ない。なにしろ、お上である。書類やら手続きやら、下々には優しくない。かしこまって指示に従う。

ひと息ついて、お茶でもと思い、案内係の職員に喫茶店を尋ねる。「17階にあります」。おっ、親切じゃん。役所も変わったね。エレベーターでGO。で行ってみると、まだやってませーん。ひどい。閉まっているのは、聞かれないから教えないのだね、やっぱり。ちなみに、南側の入り口側は約50メートルの雪の壁で、道路を渡っても入れませんので、遠回り。いやはや。道路の除雪は関係ないようだ。

そうこうして、二日目。一回で用が済む役所は少ないのだ。雪の壁は相変わらずなので、裏口から入る。書類の受け取りは簡単に終了。ありがとうございました。ようやく昼食へ。

昔風。美味とはなかなか言い難し。

帰りに政府刊行物センターで書籍購入。定価なり。

★札幌第一合同庁舎食堂。札幌市中央区北8条西2丁目、札幌第1合同庁舎地下1階。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008/02/26

間食★無問題★7

間食★無問題★7
六花亭と言えば、マルセイバターサンド。レーズン入りクリームをビスケットでサンドしたベストセラー商品。東京の知人に20数年前に「あんなおいしいお菓子はない」と言われ以来、なにかあると贈っては喜ばれている。

最近、力を入れているのが、雪やこんこ。「ブラックココア入りのビスケットで、自社製のホワイトチョコレートをサンドしました。ビスケットの表面の模様は、冬の夜空から舞い降りる雪を表しています。 」とのこと。

いただきものを1個お呼ばれする。お菓子で黒ものはなかなか難しいらしいが、どこまで知名度がアップするか。

★六花亭製菓。北海道帯広市西24条北1丁目3-19。
http://www.rokkatei.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/02/21

間食★無問題★6

間食★無問題★6
愛のゴディバ。GODIVA。
年に一度いただきます。高いらしい。ちなみに、愛の由来はすごいというか。いやはや。

<11世紀、イギリス。レオフリック伯爵夫人レディ・ゴディバは、重税に苦しむ人々の姿をみかね、夫に税を軽くするように申し出ました。すると、伯爵は「おまえが一糸もまとわない姿で町中を廻ることができるのならそうしょう」と応えました。美しく慎み深いレディ・ゴディバは大変悩みましたが、聖霊降誕祭の次の金曜日、人々のために一糸もまとわぬ姿で白馬に乗り、町を駆け廻ったのです。

彼女の勇気と優しさを讃え、創設者ジョセフ・ドラップスとその妻ガブリエルは、(1926年ベルギーに誕生した)自らのブランドに「ゴディバ」の名を冠したのです。>

ちなみに、領民はレディ・ゴディバの行為に敬意を表し。窓をかたく閉ざしたそうです。しかしながら、伯爵様は重税をやめたかどうかは不明だ。困った趣味のご主人様である。

とりあえず、チョコは甘い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008/02/18

間食★無問題★5

間食★無問題★5
ハスカップ生キャラメル。ハスカップ&オホーツクの塩の2種類18粒入り。

ハスカップの酸味とキャラメルの甘さが互いに引き立て合い、口の中で溶けていきます、とのこと。

バレンタインデーにいただきました。口に含んだら、すぐとろけちゃうのがいいか悪いか。

ハスカップはスイカズラ科の落葉低木。苫小牧、千歳など勇払原野に自生する。ブルーベリーよりも目にいい成分が含まれているらしい。

★株式会社ハスカップ。千歳市美々、新千歳空港ターミナル2F。
http://haskap-hokkaido.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/02/08

間食★無問題★4

間食★無問題★4
花かまくら。2枚。

「ひとひらの花びらのように薄くしゃりっと焼いたラングドシャ(しゃりっとした食感が特徴の、小麦粉とバターでごく薄く焼いたクッキーの一種です)に、和の風味ただよう特製チョコレートをはさみました。ほのかに桜の匂う<さくら風味>、ふくよかな香りの<抹茶風味>、2味の詰合せ」とのこと。

そういえば、この前も同じお菓子屋の「半月」をいただいた。東京帰りの人には手頃なお土産ということのようだ。

★鎌倉五郎本店。鎌倉市小町2-9-2
http://www.kamakuragoro.co.jp/product/product_index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|