2008/03/23

エヴァンゲリヲン降臨その20

エヴァンゲリヲン降臨その20
エヴァンゲリヲン降臨その20
気分転換にパチンコをする。久しぶりに「CR新世紀エヴァンゲリオン使徒、再び」。少し出たが、結局負ける。でも、久しぶりに綾波レイに会えたから気分は悪くない。

最近は、財布にやさしいエコパチなどという一円パチンコ(貸し玉一個一円)が増えたが、気晴らしなのでギャンブル性の高い四円パチンコ(貸し玉一個四円)に挑戦したので、ダメージは大きい。

冷静に考えると、パチンコは競馬に劣らぬギャンブルだ。一万円くらい30分で消えてしまう。恐ろしいことだ。まあ、パチンコホールはカジノと言えないこともない。

せいぜい小金が動く程度の賭けマージャンや賭けゴルフは御法度なのに、パチンコは遊戯として市民権を得ている。うーむ。世の中のボーダーはわからないことが多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/01/26

エウ゛ァンゲリヲン降臨その19

エウ゛ァンゲリヲン降臨その19
エウ゛ァンゲリヲン降臨その19
パチンコの話である。
「CR新世紀エウ゛ァンゲリオン使徒、再び」がホールに登場している。パチンコ・エヴァ・シリーズはこれが第4弾である。液晶が一段ときれいになった。しかし、ルフランのBGMがいささか地味くさい。
ようやく打ってみたが、あっけなく敗れてしまった。シンジ、弱い。
あんたぁ、馬鹿~、って、アスカに笑われそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/01/08

エウ゛ァンゲリヲン降臨その18

エウ゛ァンゲリヲン降臨その18
新世紀エヴァンゲリオンのDVD'BOX07エディションを改めて見始めている。
優れた芸術作品に共通するのは、さまざまな感動を与えてくれることだ。荒ぶる魂はなんらかの器に容れなければ無軌道に噴出してしまう。それをおさえるために、エヴァのよろいは存在する。人は心の中に獣を飼っているのだ。
自己解放と法秩序のくびきのイメージ。すでにしてエヴァは難しい問題を投げかけている。

| | コメント (0) | トラックバック (3)
|

2007/12/16

エウ゛ァンゲリヲン降臨その17

エウ゛ァンゲリヲン降臨その17
エウ゛ァンゲリヲン降臨その17
新世紀エヴァンゲリオンDVD'BOX07エディション。キングレコード。定価29400円。DVD11枚組。
大人買いしました。もちろん一割引きですが。
インターネットで全巻見ているのですが、テレビ画面で見ると印象違います。絵の粗さ細かさが意外です。感想はいずれまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/10/08

エウ゛ァンゲリヲン降臨その16

エウ゛ァンゲリヲン降臨その16
綾波レイのブードゥー人形。なくしたけれど、リベンジをかけて、もう一度ゲットしました。
今度はどうすれば、なくならないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/10/06

エウ゛ァンゲリヲン降臨その15

エウ゛ァンゲリヲン降臨その15
パチンコ「新世紀エヴァンゲリオン奇跡の価値は」。久しぶりにやってみました。イベントということで挑戦したのですが、勝利したのは一瞬。深い奈落に落ちました。
落ちたと言えば、買ったばかりの綾波レイ人形。いつのまにかバッグから落ちてなくなりました。魔除けのつもりでしたが、なんの役にもたちませんでした。
綾波レイの薄幸ぶりがなんだか決まっていますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/10/05

エウ゛ァンゲリヲン降臨その14

エウ゛ァンゲリヲン降臨その14
エヴァンゲリオン・グッズ。
今度は綾波レイのブードゥー人形を買いました。1575円。プラグスーツバージョンで、大人気という触れ込み。
正直、かわいいのか、と聞かれると、写真もうまく写らないし、いささか困る。魔除けになるのかならんのか?
まぁ、綾波レイ人形じゃ、あなたは死なないわ、私が守るもの、なんて言うはずもないわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/10/04

エヴァンゲリヲン降臨その13

宇多田ヒカルの「エヴァンゲリヲン新劇場版」の主題歌を買ったばっかりのipodnanoにインストールした。
もちろん、アップルのストアからお金を払ってダウンロードしました。あらためて聞くと、宇多田ヒカルの歌のうまさがわかる。
なんとか持ち歌にしたいがついて行けない。おやじの限界か。


「ビューティフル・ワールド」(Beautiful World )のPV


「キス&クライ」(Kiss & Cry)のPV

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2007/09/27

エウ゛ァンゲリヲン降臨その12

エウ゛ァンゲリヲン降臨その12
仕事で神奈川県に出張した。それで小田急線の電車に乗った。小田原だの箱根湯本行きなどの表示を見ていたら、エヴァンゲリオンの1シーンを思い出した。
もうエヴァンゲリオンに乗りたくない碇シンジはネルフをクビになり、追われるように要塞都市を去ろうとする。鈴原や相田という仲間の見送りさえ受けるが、寂しい旅立ちだ。一人電車に乗り込もうとするシンジ。そこに、ミサトが駆けつける。だが、無情にも電車は出て行く。肩を落とすミサト。だが、一呼吸置いてホームを見ると、シンジが立っている。
エヴァンゲリオンの中で、最も印象的なシーンの一つだ。
小田急線というと、新宿から南西へ延びる都市私鉄の典型のようだが、少し先に行くと自然に囲まれ、駅舎も郷愁を誘う。エヴァの中にある最先端と土着のイメージは小田急線に似ている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2007/09/17

エウ゛ァンゲリヲン降臨その11

エウ゛ァンゲリヲン降臨その11
エヴァ・グッズ。
NERVの携帯電話クリーナー。カプセルに入ったボールペン。ゲットしました。
いわば、大人買いの延長線です。思うに、幼児期の貧困と青春期の屈折の反動でしょう。年寄りになって、そんな経験の無意識に支配されるとは人間は困った生き物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|