« 西村健さんの「ヤマの疾風(かぜ)」を読む | トップページ | しずしずと復活へ »

2014/06/15

千早茜著「男ともだち」(文藝春秋)を読む

千早茜さんの最新刊「男ともだち」(文藝春秋、本体価格1550円)を読む。本作も千早茜らしい緊張感のある凜とした文体で、若い男女をめぐる「愛」のかたち、生きていることの切なさを伝えてくれる。

Photo

整理します。主人公は京都の左京区で暮らす29歳のイラストレーター神名葵。大学を卒業してさまざまなアルバイトをして自由業のような暮らしをしていますが、ようやく自分の本が出せるようになっています。恋人の彰人と同棲していますが、堅気の勤めをする料理人でもある彼は食事の支度をしてくれるほかはゲームを一人でしたり干渉はしません。神名にはお互いに不倫関係の愛人がいます。医者の真司です。大学病院でアルバイトしているときに知り合いました。真司は女に慣れた性格の悪いイケメンです。神名の大学時代の友人が何人かいます。1歳上の堀之内先輩。同学年の辻田美穂というきれいだけど、やはり性格に難のある女性もいます。学生の頃、美穂には「あんちゃん」という親密な男性がいたが、今は別の男性と結婚し、浮気もしています。2歳上に秀才肌の岩佐、その相棒のハセオ(長谷雄)がいます。ハセオとは学生時代から一緒に暮らす「兄弟」のような仲良しですが、性的関係はありません。ハセオは福岡の出身ですが今は富山の薬売りをしています。そのほか、昔大阪のSMクラブの女王様をやっていた露月さんがやっている三日月のバーがあり、そこにはアキラというゲイの店員がいます。

以上。
この物語のポイントは「対幻想」です。ひとりの人にとってひとりの人(もうひとりの自分)とは何かということです。そのことが「男ともだち(あるいは女ともだち」という鏡のような関係の主人公とハセオを通じて多様に浮かんできます。美穂とあんちゃんも同じはずです。

もう一つ、神名は小学一年生のときに、年上の男の子にいたずらをされた原体験を持っている。そこにセックスに対する(セックスをする、セックスをしない)考え方の歪みがある。ちなみにハセオの愛読書は世阿弥の「秘花」。おそらく瀬戸内寂聴の文庫本だろうか。渡辺淳一なら「秘すれば花」だろうから。神名はその本に興味を持つが、「秘花」とはセックスでもあろう。

さて、いろいろあって神名とハセオはどうなるか。私はどうかなってほしかったとだけ言っておこう。

ちなみに、千早茜さんの作品については以下のように書いている。
http://takaoudo.cocolog-nifty.com/takaoudoism/2014/01/post-91d3.html

|
|

« 西村健さんの「ヤマの疾風(かぜ)」を読む | トップページ | しずしずと復活へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/59819887

この記事へのトラックバック一覧です: 千早茜著「男ともだち」(文藝春秋)を読む:

« 西村健さんの「ヤマの疾風(かぜ)」を読む | トップページ | しずしずと復活へ »