« 悲しいことが続きました | トップページ | 異界への誘い-。不定型な心模様をつなぐ千早茜さんの世界  千早茜作品9作ガイド »

2013/10/16

清水博子さん、さようなら

旭川市出身の作家、清水博子さんが亡くなりました。45歳でした。早すぎる死です。芥川賞候補に2度なりましたが、とても批評的な文章で自らという存在を凝視していました。

清水さんとは彼女が「処方箋」で野間文芸新人賞を受賞した2001年12月、贈呈式の開かれた東京のホテルでお会いしたのが初めてでした。その後は取材で北海道に戻ってきたなどで、電話をくれ、「あなたのボトル飲んじゃったわよ」とか「おいしい寿司屋を紹介せよ」とか、楽しそうでにぎやかでした。一度、お礼なのでしょうか、日本酒を送ってくれたこともありました。一方で、東京の出版界の人間関係に苦労していたようで、「文壇バーを出入り禁止になったの」などと弱音を吐くこともありました。

2回目の芥川賞候補となった小説「Vanity」は清水さんの関西との遭遇の趣もある作品で、谷崎潤一郎のように清水さんには「内地」の中の「内地」が新鮮に映ったのだと思いました。東京という疲れる世界から新しい場所に踏み出していく作品に期待しておりました。

今年は喜多由布子さんという可能性を秘めた作家も5月に53歳で亡くなっています。私は「なんで!」と叫びたい気持ちで、とても残念で悔しいことが続きます。

|

« 悲しいことが続きました | トップページ | 異界への誘い-。不定型な心模様をつなぐ千早茜さんの世界  千早茜作品9作ガイド »

コメント

初めまして!
たかおさんはもうブログお書きにならないのですか?
もうご覧になることもないのでしょうか?

この記事についてどうしてもお聞きしたいことがあってコメントさせていただきます。

清水博子さんと親交が御有りになったのですね。

この方について調べている疑問がありまして、
清水博子さんは、何故、川上未映子さんを批判しその批判に対して、笙野頼子さんから文句をいわれなければならなかったのか?
というのが私の知りたいことです。
私も川上未映子に対して批判があるものですから、そのことと何らかの接点があるのかと思った次第です。

では何故その批判に対して、庄野さんがしゃしゃり出て批判への批判を表明したのでしょうか?
ご存じのこと、教えていただければ幸いです。

突然失礼しました。

投稿: milafill | 2018/09/02 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清水博子さん、さようなら:

« 悲しいことが続きました | トップページ | 異界への誘い-。不定型な心模様をつなぐ千早茜さんの世界  千早茜作品9作ガイド »