« 渋谷駅通路を飾る岡本太郎の違和感 | トップページ | 喜多由布子さんの死 »

2013/06/16

江戸絵画の奇跡ー展を見る

東京・両国の江戸東京博物館で、江戸東京博物館開館20周年記念「ファインバーグ・コレクション展 ーー江戸絵画の奇跡」展を見る。

めずらしく東京での仕事があり、上野で夏目漱石でも見ようかと思ったが、梅雨なのか雨がひどい。上野公園を歩く勇気はなかったので、手前の秋葉原で日和、両国へ切り替えたのである。

伊藤若冲やら歌川広重やら与謝蕪村、円山応挙、谷文晁などなどの名画が、駅から三分で見られるとのことで、雨の日の味方である。



入場料1300円。ちょっと高いね。ファインバーグさんというアメリカ人夫婦が日本の名画をどうやったのかは知らないが、相当集めたものの一部である。

期待して見たけれど、珍しいし、保存状態もいいことは分かったが、全体的にはちょっとおとなしい展示になっているのが物足りないことであった。

それでも鈴木其一「群鶴図屏風」やら酒井抱一「十二ヶ月花鳥図」、葛飾北斎「源頼政の鵺退治図」など、作品自体はすごいものばかりだ。



展示室を出ると縁起飾りが目にはいる。下町らしい。


Posted from するぷろ for iOS.

|
|

« 渋谷駅通路を飾る岡本太郎の違和感 | トップページ | 喜多由布子さんの死 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/57606301

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸絵画の奇跡ー展を見る:

« 渋谷駅通路を飾る岡本太郎の違和感 | トップページ | 喜多由布子さんの死 »