« 札幌・サクラ模様 春景色 中島公園 Part6 | トップページ | 札幌・中島公園 春景色 Part7 »

2013/05/25

札幌・中島公園 道立文学館で「紙芝居の今昔」展始まる

札幌・中央区の中島公園にある北海道立文学館で特別展示「紙芝居の今昔」展が5月25日から始まった。
Kamisibai

戦前、戦後を通じ、大道芸として、あるいは児童の教育・娯楽のパフォーマンスとして人気を集めた「紙芝居」の成り立ちと傑作、その魅力をあますところなく紹介する催しだ。

群馬県の土屋文明記念文学館の収集した資料に、北海道の児童文学者らの研究成果を加えた充実の内容になっている。

Bat

紙芝居のヒーローと言えば、「黄金バット」だが、展示されている作品のなかには「稲むらの火」のように、地震と津波への対応を題材にしたものもあり、今に通じている。また、ベトナムの紙芝居など日本から世界への広がりも紹介されている。

Inamura

観覧料は一般400円、高校・大学生200円、中学生以下・65歳以上無料。開館は午前9時半から午後5時まで、月曜日は休館。会期は7月7日まで。

期間中、25日のほか、6月15日、16日には展示会場前スペースで路地裏芸を楽しむ会の桐越陽一さんによる紙芝居実演も行われる。桐越さんは加太こうじ作画「黄金バット ナゾー編」などを披露する。

Jituen3

また、5月26日、6月1日、8日、22日、23日、29日、30日、7月6日、7日には「ほっこり紙芝居タイム」と題してボランティアによる紙芝居のお話も聞ける。

◇◆
道立文学館の中島公園側にはまだ咲き誇るサクラが残っており、こちらも見事だ。
Sssaaa

|
|

« 札幌・サクラ模様 春景色 中島公園 Part6 | トップページ | 札幌・中島公園 春景色 Part7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/57454398

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌・中島公園 道立文学館で「紙芝居の今昔」展始まる:

« 札幌・サクラ模様 春景色 中島公園 Part6 | トップページ | 札幌・中島公園 春景色 Part7 »