« 沖縄民謡の堀内加奈子さん「ちゅらうたや」公演 | トップページ | ■道立文学館で文芸対談「『銀河鉄道の夜』をめぐって」 »

2013/04/27

■道立近代美術館で「いわさきちひろ」展始まる

北海道では21年ぶりとなる画家いわさきひろ(1918 ‒ 74年)の作品展が27日から札幌市中央区の北海道立近代美術館で始まった。主催は北海道新聞社、ちひろ美術館、北海道立近代美術館、北海道文化放送。

同展では、「ちひろが精力的に手掛けたアンデルセンの絵本や雑誌に掲載された作品の原画、初期のデッサンなど、ちひろ美術館が所蔵する作品約130点を展示します」とのこと。

P4270573

27日午前9時からは近代美術館1階ホールで開会セレモニーが行われた。主催者を代表して北海道新聞の宇佐美暢子事業局長が「こどもを思いを平和を願ったちひろの展覧会を開催できました。多くの人に見てもらいたいと思います」と話した。さらに、ちひろの長男の松本猛さんがちひろが描いた絵の思い出や美術館づくりの苦労などを紹介するとともに「今まで美術館に足を運んだことのない皆さんが訪れるきっかけになれば」と挨拶した。

P4270579

テープカットのあと、早速多くのファンが会場に入った。おなじみのぼかしの技法を使った童画をはじめ、油彩、絵本の原画、平和を願って描いた作品などが並び、じっくりと見入っていた。

P4270587

会期は6月2日(日)まで。道立美術館の開館時間は午前9時30分から午後5時まで(入場は午後4時30分まで)。原則月曜日が休館だが、4月29日と5月6日は除く。振り替えで4月30日、5月7日が休館となる。入場は一般1200円。高校・大学生700円。中学生500円。小学生以下は保護者同伴で。

|
|

« 沖縄民謡の堀内加奈子さん「ちゅらうたや」公演 | トップページ | ■道立文学館で文芸対談「『銀河鉄道の夜』をめぐって」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/57257004

この記事へのトラックバック一覧です: ■道立近代美術館で「いわさきちひろ」展始まる:

« 沖縄民謡の堀内加奈子さん「ちゅらうたや」公演 | トップページ | ■道立文学館で文芸対談「『銀河鉄道の夜』をめぐって」 »