« 松岡誠悟、松岡亜弓「備前焼」二人展を見る | トップページ | 「生誕100年 彫刻家 佐藤忠良展」が札幌芸術の森美術館で開幕 »

2013/04/12

道立文学館で「佐藤国男による宮沢賢治ワールド」展を開催

「木版画家・佐藤国男による宮沢賢治ワールド」展が12日から札幌市中央区中島公園の北海道立文学館で開かれている。
P4121253

佐藤国男さんは1952年檜山管内北檜山町(現・せたな町生まれ)。木目の持つ独特の文様を生かした版画作品を手がけ、「銀河鉄道の夜」「セロ弾きのゴーシュ」「注文の多い料理店」など多くの宮沢賢治作品を絵本化している。

「宮沢賢治ワールド」展では佐藤国男さんの版画68点をはじめ、賢治ゆかりの資料・研究書など約120点が展示されている。世界の幸せを求めた賢治の世界が佐藤さんの感性のフィルターを通じて伝わってくる。版画を飾る額縁はすべて佐藤さんの手づくり。素朴で奥深い仕事ぶりも感じられる。

P4121234

会場には電子書籍化される絵本がiPadで見ることができ、画像と音声によって楽しむこともできる。
P4121241

4月27日午後2時から佐藤国男さんと詩人の斉藤征義さんの「銀河鉄道の夜」をめぐる文芸対談、28日には11時と14時の2回、「宮沢賢治とゴッホ」と題して佐藤国男さんのギャラリートークも予定されている。

P4121244

会期は5月12日まで。休館日は4月15日、22日、30日、5月7日。観覧料は一般400円。高大生200円。中学生以下・65歳以上は無料。

問い合わせは北海道立文学館/公益財団法人北海道文学館=電話011・511・7655 まで。

|
|

« 松岡誠悟、松岡亜弓「備前焼」二人展を見る | トップページ | 「生誕100年 彫刻家 佐藤忠良展」が札幌芸術の森美術館で開幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/57156280

この記事へのトラックバック一覧です: 道立文学館で「佐藤国男による宮沢賢治ワールド」展を開催:

« 松岡誠悟、松岡亜弓「備前焼」二人展を見る | トップページ | 「生誕100年 彫刻家 佐藤忠良展」が札幌芸術の森美術館で開幕 »