« 「生誕100年 彫刻家 佐藤忠良展」が札幌芸術の森美術館で開幕 | トップページ | 沖縄民謡の堀内加奈子さん「ちゅらうたや」公演 »

2013/04/24

映画「クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル」

さて、人生での数少ない楽しみの一つが映画「クレヨンしんちゃん」を見ること、グッズを買うことである。

第21作にあたる本作のスタッフ・出演者はつぎのとおり。臼井儀人原作。橋本昌和監督。浦沢義雄・うえのきみこ脚本。しんのすけ(矢島晶子)。みさえ(ならはしみき)。ひろし(藤原啓治)。ひまわり(こおろぎさとみ)。シロ&風間くん(真柴摩利)ほか。

Sinnpo

臼井儀人原作の人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版第21作。B級グルメが集う「B級グルメカーニバル」に出かけようとしたしんのすけたち春日部防衛隊は、謎の男から日本のB級グルメを守る「伝説のソース」をカーニバル会場まで運ぶよう託される。しかし、B級グルメを滅ぼそうと企む「世界A級グルメ機構」がソースを狙って襲ってくる。モノマネタレントのコロッケ、渡辺直美、シェフでタレントの川越達也がゲスト声優出演。主題歌は人気バンド「SEKAI NO OWARI」が担当。(映画.comより)

見た後の感想を言えば、とってもよくまとまっていて楽しめた。本作の場合、主人公のしんちゃんを突出させるよりも、ネネちゃん、マサオくん、風間くん、ボーちゃんを加えたKBT(カスカベ防衛隊)の「泥だらけの友情」をサバイバル戦の中で浮かび上がらせている。しんちゃんだけが英雄ではなく、ちびっこたちもまた個性豊かな「もうひとりのしんちゃん」であるのだ。マサオくんはいじられキャラであるが、結構いいやつであった。あっ、忘れちゃいけないのがシロだな。人間じゃないことのハンディを背負いながらも、大活躍である。激しい戦いのあと、脱出パラシュートからみんなで見るお日様の美しさへの感動が伝わってくる。

悪役グルメッポーイ(中村悠一)は葛藤する青年である。幼少期のトラウマ(スティグマ)が「焼きそばソース」への怨念となっている。だから、トラウマを解消すれば、「悪」は反転して可能性への一歩となる。意外にあっさりとしたラストであるが、グルメッポーイは強いられたA級グルメ性を、ソースの健(辻親八)の土着性のよって「止揚」して、新たなB級への挑戦者となることが暗示されている。

そしてカスカベ防衛隊はサバイバル戦の勝利したヒーローであるが、その後は相も変わらぬ5歳児の日常に戻る。だから、私たちはまた「しんちゃん」に会うことができる。

Sinn

映画終了後はいつものようにグッズを購入した。キーホルダーやストラップが以前と比べると、少し迫力不足であるのが残念であるが、恥をおそれずあれこれ手にしたのであった。

|
|

« 「生誕100年 彫刻家 佐藤忠良展」が札幌芸術の森美術館で開幕 | トップページ | 沖縄民謡の堀内加奈子さん「ちゅらうたや」公演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/57237171

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル」:

« 「生誕100年 彫刻家 佐藤忠良展」が札幌芸術の森美術館で開幕 | トップページ | 沖縄民謡の堀内加奈子さん「ちゅらうたや」公演 »