« 「誰も知らなかったココ・シャネル」を読む | トップページ | 旭川で「五十嵐良山独奏会」を聞く »

2012/09/15

石川啄木の札幌の歌碑除幕式

札幌に啄木の歌碑を建てる会(太田幸夫会長)主催の「石川啄木歌碑建立」除幕式が9月15日午前11時から札幌市北区北7条西7丁目の偕楽園緑地で開かれるというのででかける。

P9150490_5

まだ残暑の厳しい中であったが、天気は上々で晴れやかな催しとなった。諏訪神社の神職による修祓式の後、主催者の太田会長挨拶、札幌市関係者の挨拶などあり、歌碑の建立に多大な協力をされた帝北石材の佐藤治代表に感謝状が贈られた。その後、釧路から来られた北畠立朴国際啄木学会理事北海道支部長や、同じく理事で啄木のふるさと岩手県盛岡市の旧渋民村の出身の立花峰夫氏らも加わって除幕が行われた。

P9150499

歌碑に刻まれたのは

アカシヤの 街〓(なみき=〓の「き」の字は木偏に越のつくり)にポプラに
秋の風
吹くがかなしと日記(にき)に残れり

の一首。明治40年9月14日に札幌駅に降り立った啄木が、その翌日(つまり9月15日!)、大通や創成川近辺を散策して詠んだものだという。

P9150503

会場ではロシア語、中国語などの外国語訳や詩吟による朗詠なども行われた。

啄木の歌碑といえば、大通公園の3丁目に

しんとして幅広き街の
秋の夜の
玉蜀黍の焼くるにほひよ

と詠んだ啄木像付きのものがあるが、
今回の2つめの歌碑は大きさこそ小ぶりであるが、北上川のほとりとなる渋民の記念館横の

やはらかに柳あをめる
北上の岸辺目に見ゆ
泣けとごとくに

の碑に趣が似て、ゆったりとしてなかなかの風情のものとなっている。

|
|

« 「誰も知らなかったココ・シャネル」を読む | トップページ | 旭川で「五十嵐良山独奏会」を聞く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/55661484

この記事へのトラックバック一覧です: 石川啄木の札幌の歌碑除幕式:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/09/16 08:49) [ケノーベル エージェント]
盛岡市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2012/09/16 08:52

« 「誰も知らなかったココ・シャネル」を読む | トップページ | 旭川で「五十嵐良山独奏会」を聞く »