« 道産子ジャズシンガー山岡未樹さんのライブ | トップページ | 札幌もサクラ咲く »

2012/04/25

故・三浦綾子さんの旭川エッセー集「丘の上の邂逅」出版を祝う会

「氷点」で知られる作家、三浦綾子さん(1922~99)の生誕90周年を記念して、随筆集「丘の上の邂逅」(小学館刊、本体価格1400円)がまとめられ、出版されたことを祝う会が綾子さんの誕生日の4月25日午後6時から旭川市7条6丁目のロワジールホテル旭川で200人が参加して開かれた。

P4250899

三浦綾子記念文化財団の盛永孝之理事長が「苦難に遭っても生きる希望を与える」と三浦文学の魅力を紹介しつつ開会の挨拶をした後、地元の西川将人旭川市長、最後の長編力作「銃口」の版元でもある小学館の佐藤正治取締役、北海道新聞夕刊に「アクアマリンの神殿」を連載中の作家の海堂尊さんがお祝いの言葉を述べた。
P4250903

三浦綾子さんの著書が出版されるのは99年10月12日に77歳で亡くなってから9年ぶりという。これに対し、夫の三浦光世さん(88)が「綾子も天国でどんなに喜んでいるか、恐縮しているか」とお礼を述べた。

「塩狩峠」が愛読書だったという海堂尊さんは「三浦綾子さんの作品は古くなっていない。オープンマインドで書かれており、真っ直ぐな指針が通っており、多くの人に読まれ続ける」と高く評価するとともに「旭川という土壌に培われて生まれた」と風土性にも目配りしていた。

和やかに歓談していた三浦光世さんと海堂尊さん(左)のツーショット。

P4250902

|
|

« 道産子ジャズシンガー山岡未樹さんのライブ | トップページ | 札幌もサクラ咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/54560360

この記事へのトラックバック一覧です: 故・三浦綾子さんの旭川エッセー集「丘の上の邂逅」出版を祝う会:

« 道産子ジャズシンガー山岡未樹さんのライブ | トップページ | 札幌もサクラ咲く »