« 「福永武彦、魂の旅」展を見る | トップページ | 酷すぎる報道ステーション »

2011/07/04

札幌国際ハーフマラソンを見る

大通方面に用事があってでかけたら第54回札幌国際ハーフマラソンの選手たちが走っていた。窓から大路の写真を撮って見たが、やや散漫でどうもうまく撮れなかった。

札幌国際ハーフマラソンを見たが

参加者が少ないのかスピードが速いのか、ランナーの列はあっという間に通り過ぎて行き、なんだか薄味で観戦は盛り上がりにかける。暑いせいもあるだろうが、沿道に応援に行った家族もすぐ帰ってきた。

トップグループを見ると、外国人選手が列をなしている。しかもアフリカ系の人ばかりで、遅れて集団で続く日本人選手の影が薄い。快走する外国人選手のバネのような引き締まった体が光の中で汗で輝いていて、一層たくましく見えた。

札幌国際ハーフマラソンを見たが

優勝は男子がケニア出身のサイラス・ジュイ(日立電線)が1時間1分47秒で2連覇とのこと。テレビのインタビューに日本語で答え、質問者の意図を超え、茨城での大地震被災を乗り越えて、札幌の市民の応援で活躍できたのを感謝していたのが、いかにも彼らの志の高さを印象づけ、国際的であった。

日本人選手は世界選手権マラソン代表組もさっぱりだったようだ。黒人選手たちのパワーを見ていると、レベルの違いがあまりにも大きすぎるように見えた。ハングリースピリッツは今こそ日本人のものだろう。素人目にはもっと暑い過酷な条件で肉体はもちろんだが、強靭で美しい精神を鍛えるしかないように思えた。

札幌国際ハーフマラソンを見たが

女子も走っていたようだが、あまり目立たなかった。やはりケニアのキプラガト選手が圧勝したようだ。インタビューでは、わかりやすい英語で初の札幌での優勝という幸せを語っていた。Vサインでおだつことなく、さわやかで、立派である。

|
|

« 「福永武彦、魂の旅」展を見る | トップページ | 酷すぎる報道ステーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/52114953

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌国際ハーフマラソンを見る:

« 「福永武彦、魂の旅」展を見る | トップページ | 酷すぎる報道ステーション »