« 酷すぎる報道ステーション | トップページ | あなたは温厚なのに −ドラゴンフライ− »

2011/07/05

粗にして野だが卑ではない

城山三郎さんの石田礼助を描いた小説のタイトルである。

松本ドラゴン大臣の辞任会見は奇妙な山賊鍋発言集であった。全く評価しないが、同世代ということもあり人間的には分かるところはあった。

もちろん城山三郎さんが生きていれば、あの静かな口調できっと怒っただろう。言論の自由を制約する個人情報保護法と徹底的に戦い、人間を大切にしない戦争を批判しつづけた反骨の文学者だ。あのドラゴンの弱者の足元を見るえげつない発言を必ず卑なり、というだろう。

カズオ・イシグロの「わたしを離さないで」への唐突な言及もひどい。人間を突き放しておきながら、私を離すなと、何を甘えているのか。被災地の人には迷惑な話だ。

もっと酷いのがニュースショー。注目して見たが、松本大臣の辞任について、さらりと報じたが、大絶賛した自分の発言責任については全く触れず。復興が進まぬことを憂えてみせた。新聞社のコメント担当者もなぜか姿がない。政治の責任を言うが、無内容に感情的になりミスリードを続け、復興遅れの一因に自分が関わっているという自覚の欠如。つける薬のない、なんとかである。

|
|

« 酷すぎる報道ステーション | トップページ | あなたは温厚なのに −ドラゴンフライ− »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/52131466

この記事へのトラックバック一覧です: 粗にして野だが卑ではない:

« 酷すぎる報道ステーション | トップページ | あなたは温厚なのに −ドラゴンフライ− »