« 宮内勝典著「魔王の愛」を読む | トップページ | 読み応え十分。「週刊読書人」で小谷野敦さん、咆哮す »

2011/02/18

横田真俊著「今すぐ使えるかんたんmini fa cebook基本&便利技」(技術評論社、1239円)

世界最大のSNSであるFacebook。本書では,多彩なFacebookの機能から,とりあえずこれだけ知っていればFacebookを始められる基本知識を,Step形式で登録からプロフィールの作成,投稿など段階を踏んで解説しています。また,始め方だけでなくFacebookの楽しい使い方や,より便利に使えるアプリケーションも紹介しています。(同社hpより)

横田真俊著「今すぐ使えるかんたんmini fa<br />
 cebook基本&便利技」(技術評論社、1239円)

映画「ソーシャル・ネットワーク」で主人公となったマーク・ザッカバーグに興味を持ったわけではないが、世界中で最も利用されている情報発信サイトであり、うそかほんとか(たぶんウソだと思うが)分からないが、今回の北アフリカの反独裁革命の「武器」となったという、フェイスブックである。

まあ、やるっきゃないか。というミーハーの宿命である。取りあえず、フェイスブックに登録してみたが、友だちなんか誰もいないことに気付いた。そもそも、フェイスブックの使い方などまったくわからない。それで、マニュアルを読むことにした。

ホームページとかブログとかミクシィとかツイッターとかいろいろある。重厚長大のホームページから手軽なつぶやきのツイッターにシフトしたというが、正直、ツイッターはメモではあってもきちんとした論考にするには短すぎるのだ。そこで、揺り戻しがフェイスブックというところか。こちらはダラダラつぶやくというよりは、目的意識的である。もともとが大学の女の子をナンパするためのツールとして誕生しただけに、プレゼンテーションをしたい、就職活動をしたい、商品や購買者や女の子をゲットしたいという極めてシンプルな意志が貫かれている。そのための実名登録である。2ちゃんねる的な匿名放言文化が蔓延してしまった日本で、実名商売主義のフェイスブックがどこまで根付くかはハードルが高そうである。それでも、気になることは間違いない。

|
|

« 宮内勝典著「魔王の愛」を読む | トップページ | 読み応え十分。「週刊読書人」で小谷野敦さん、咆哮す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/50902806

この記事へのトラックバック一覧です: 横田真俊著「今すぐ使えるかんたんmini fa cebook基本&便利技」(技術評論社、1239円):

« 宮内勝典著「魔王の愛」を読む | トップページ | 読み応え十分。「週刊読書人」で小谷野敦さん、咆哮す »