« ミシェル・ゴンドリーの「グリーン・ホーネット」を見る | トップページ | 歌人・笹井宏之さん死去から2年 »

2011/01/23

ザック・エフロン主演の「きみがくれた未来」を見る

バー・スティアーズ監督。ベン・シャーウッド原作。ザック・エフロン。アマンダ・クルー。チャーリー・ターハーン。キム・ベイシンガー。

「ハイスクール・ミュージカル」の人気スター、ザック・エフロン主演のファンタジー。固い絆で結ばれた弟を亡くし、苦悩する青年が弟のゴーストと出会い、自らの人生を見つめ直す姿が描かれる。兄弟の母親役に扮したキム・ベイシンガーや、レイ・リオッタといった往年の名スターが脇を固める。(MOVIEWALKERより)

きみがくれた未来


ザック・エフロン。よく知りませんが、人気俳優らしい。そんなわけで、若い
ファンの娘さんあたりがいっぱいかな、と思ったら、あまりお客さんが入っていませんでした。大丈夫かな、とちょっと心配になりました。どうでもいいことですが。

物語はゴーストものです。自分の不注意で交通事故で亡くした弟サムを思い続ける優しい兄貴チャーリーです。彼も一時は死にかけましたが、救急救命士の処置で奇跡的に生き返ったのでした。そして、5年間も弟のゴーストと約束のキャッチボールを続けているのです。どうやらゴーストが見えてしまうので、街の人からはちょっと変人に思われています。事実、奨学金をもらいながらヨット競技の選手にもならず、大学にも行かず、墓地の管理人として暮らしているのです。

そんな彼が元同級生で、ヨットの単独世界一周に挑戦している女性テスに出会うことで、変わり始めます。すなわち、弟の魂を地上から解放してやることになるのですが、それにはもうひとつ、ヨット事故に遭遇したテスを救うという奇跡的体験が関係しているのです。彼に起こった奇跡の意味を教えてくれるのは救命士でした。

きみがくれた未来


いろいろと、雑っぽいストーリーではあるのですが、肉親を思う気持ちというものがよく伝わっていました。主役のザックを見せるための青春映画でもあるのですから、仕方がないのでしょうが、母親役のキム・ベイシンガーあたりをもう少し絡めてくれるとより面白いストーリーと奥行きが広がったような気がします。

|
|

« ミシェル・ゴンドリーの「グリーン・ホーネット」を見る | トップページ | 歌人・笹井宏之さん死去から2年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/50667978

この記事へのトラックバック一覧です: ザック・エフロン主演の「きみがくれた未来」を見る:

« ミシェル・ゴンドリーの「グリーン・ホーネット」を見る | トップページ | 歌人・笹井宏之さん死去から2年 »