« 「アンストッパブル」を見る | トップページ | 「アメリア 永遠の翼」を見る »

2011/01/10

「蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH」を見る

鈴木利正監督。冲方丁脚本。声:石井真(真壁一騎)。喜安浩平(皆城総士)。木村良平(来主操)。松本まりか(遠見真矢)。仲西環(皆城乙姫)。

2148年。太平洋に浮かぶ孤島・竜宮島に住む若者達は人型決戦兵器「ファフナー」に搭乗し、宇宙から来襲したシリコン型生命体「フェストゥム」との戦いに打ち勝つ。その戦いの終盤に、皆城総士(声:喜安浩平)はフェストゥムに捕らえられるが、「蒼穹作戦」により真壁一騎(声:石井真)たちに救出される。しかしファフナー搭乗の副作用の“同化現象”が進行した総士の肉体は消滅してしまう。最後に「いつか竜宮島へ戻る」と一騎と約束をしながら…。その後人々が平和に暮していたある日、一隻の艦が竜宮島へ打ち揚げられる。中には1人の少年が眠っていた。そして、突如平和は破られた。フェストゥムの侵攻が再び始まったのだった…。(goo映画より)

Fafner1

テレビの人気アニメの一つだったらしいが、未見である。脚本が「天地明察」の冲方丁であり、劇場で「マルドゥック・スクランブル 圧縮」も見てしまったので、つい見てしまった。

とても面白いアニメだった。全体像はよくわからなかったが、人類が敵と戦っており、特別に組織された部隊が要塞島に存在しているということも。正義というものはこちら側にあるのか相手側にあるのかが定かではない。最後までハラハラす展開であった。

しかしながら、そんなふうに見ていると、なんだか「新世紀エヴァンゲリオン」との共通性ばかりが思いだされて、どうなのかなあ、という気もしたことであった。ドイツ語やら古代神話好みもそうだが、少年少女の乗る人型決戦兵器ファフナーというのは、まさしくエヴァンゲリオンであるまいか。そして、最後に、世界との戦いが実は自己疎外された関係性の中の問題であることが明かされることも。

もちろん、制作者たちは設定の類似性は承知の上で、世界と葛藤する少年たちの内面に迫っていくドラマを描いているのかもしれない。初見では登場人物がみな同じ顔に見えてしまった憾みがあるが、せつなさのようなものは伝わってきた。

20110110161339

ちなみにパチンコの「エヴァンゲリオン」シリーズは大ヒット機であるが、似たものとして「創聖のアクエリオン」というのがあるのは知っていたが、「蒼穹のファフナー」というパチンコもあるらしいというのは知らなかった。

|
|

« 「アンストッパブル」を見る | トップページ | 「アメリア 永遠の翼」を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/50550588

この記事へのトラックバック一覧です: 「蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH」を見る:

« 「アンストッパブル」を見る | トップページ | 「アメリア 永遠の翼」を見る »