« 第85回道展を見る | トップページ | 予防接種と資料調査 »

2010/11/12

東京・神田神保町の名物バー「人魚の嘆き」8周年を祝う夕べ

東京は神田神保町にある会員制居酒屋の「人魚の嘆き」が開店8周年を迎えたとのことで、贔屓の客らが音頭をとっての一夜限りの「会員制高級立ち飲み倶楽部 人魚の嘆き」を11日夜に特別開店するということで、少し遠い札幌からではあるが参加した。

Img_0089


会場は神保町にほど近い神田錦町の学士会館202号室。発起人には佐野真一、相賀昌宏、逢坂剛、松山巌といった面々のほか天下のスーパーアイドル、小泉今日子さんまでが名を連ねている。小泉今日子さんはタレントというよりは書評家としても活躍しており、本当に才能にあふれている人だ。特別店員といういわゆる実働部隊は売れっ子学者の苅部直、読売の鵜飼哲夫という人たちだ。「人魚の嘆き」は本好きの集まる神保町界隈では、まさに一番の文壇バーなのだ。これまで新宿やら銀座やらが主流だった文壇サロンが本の街にできたということである。

Img_0090

会費は8000円。末広がりで縁起がいい。飛行機とJRを乗り継いでなんとか駆けつけると、会場はあふれるばかりの人波であった。

Hitonami

有名人も多すぎて、国会議員の有田芳生さんと評論家の歳川隆雄さんが深そうな話をしていれば、俳人の吉田類さんが日焼けした顔でグイグイ飲んでいるし、茂木健一郎さんらしい人や福岡伸一さんらしい人もいたらしい(未確認)。さらにはこういう場には欠かせない不思議なオ−ラを出している天才イベントメーカーの康芳夫さん、そして出版社や新聞社の幹部やら腕こきらがひしめいている。「人魚の嘆き」の主人、松本彩子さんが皆さんに愛されていることがよくわかる。

Kyon2

佐野先生の「銀座の○○バーから神保町に」という往時を知るものには反則すれすれの発言で開幕するや、歌ありバイオリン演奏あり、活動弁士によるマツタケ映画「まだむ」あり、土俵入りありのにぎやかさ。文化人として来たはずのキョンキョンも舞台の上から「渚のハイカラ人形……ズッコンバッコン(ズッキュンバッキュン?)」とか歌っちゃうし。

佐野センセ-が言うところの銀座の中の秘境ともいうべき、文壇バーAに、彩子さんが登場したのは2001年頃であったか。早速、活字文化業界の関係者のアイドルとなった。その店には神足祐司さんやら誰やらがボロぞうきんモードで飲んでいたのが懐かしい。彩子さんは結局、1年ほどで独立して神田神保町に和風の居酒屋的なバーを出したのが2002年の冬が迫る頃。私はその年の最後の営業日だった12月28日にも当時Aにいたミユキちゃんと一緒に行ったことである。まだ店の名もあまり知られておらず客もそう多くなかったので、本当に頑張っていけるのか心配だったことを覚えている。それは全くの杞憂であったのだが。翌年2月に、東京を離れる際も「人魚の嘆き」2階で、親しかった出版社の皆さんに送別会をしていただいたものである。

Saikos


「人魚の嘆き」の主人、松本彩子さんはこの日がちょうど40歳の誕生日だそうだ。久しぶりに会うと、ふっくらとしたようにも思ったが、笑顔が相変わらず美しいことであった。

Saikos2

さて、開店10年、20年の祝いにも参加したいものだが、わが体調を思うと心許ないことだ。無理に頼んでのツーショット。

Img_0092

帰り際に、記念品をいただいた。

Kinenhin


何かなと開けてみると、楊枝であった。創業三百年の老舗の品であった。

Kinenhin2


追記:
ブログで何人かが、8周年の記事を書いていました。勝手にページリンクしておきます。

にんげん出版の小林健二さん。解放出版の多井みゆきさんとご一緒でした。時々お会いします。当日の小林さんはとってもダンディでした。一方の多井さんもボディコン風の勝負服でその可憐な変身ぶりにビックリしました。
http://blog.ningenshuppan.com/?eid=1241274


国会議員の有田芳生さん。初めてお会いして、ご挨拶しました。思ったより若いというか、お坊ちゃまぽくも見えたのは気のせいでしょうか。
http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/2010/11/post_e52d.html


脳科学者の茂木健一郎さん。さすがに売れっ子らしく最前列にいらっしゃいました。ちょっとタイプが違うので今回はご挨拶をパスしました。
http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2010/11/post-05af.html

その夜、もっとも評判を呼んだのは活動弁士による映画会であった。その天才・弁士が何者かはわからない。しかし、おそらくこの人である。坂本賴光さん。その話芸はすごい!
http://blogs.yahoo.co.jp/qfdsj940/51373266.html

|
|

« 第85回道展を見る | トップページ | 予防接種と資料調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/50008502

この記事へのトラックバック一覧です: 東京・神田神保町の名物バー「人魚の嘆き」8周年を祝う夕べ:

« 第85回道展を見る | トップページ | 予防接種と資料調査 »