« 蜂谷涼著「舞灯籠―京都上七軒(かみしちけん)幕末手控え―」(新潮社、本体価格1500円)を読む | トップページ | ボルシェビキ選挙について »

2010/09/11

ミラ・ジョボの「バイオハザードIV アフターライフ」を見る

「バイオハザードIV アフターライフ」を見る。

Mira2

ポール・W・S・アンダーソン監督・脚本。ミラ・ジョヴォヴィッチ。ウェントワース・ミラー。アリ・ラーター。

今度は東京からストーリーが始まる!!ウィルス感染によって荒廃した世界。生き残った人間を探し、世界中を旅するアリス。ウィルスに支配されないたった一つの安全な場所への手掛かりを得て、ロサンゼルスに向かったアリスたちが見たものは、何千ものアンデッドに埋め尽くされた街だった。そこでは、わずかな人間たちが刑務所に隠れながら生き残っていた。彼らを脱出させるために、危険な罠に足を踏み入れようとするアリス。今、アリスとアンブレラ社の戦いは、次なるステージ(=アフターライフ)へ進み始める。

主演のアリス役にはもちろんミラ・ジョヴォヴィッチ。ほかに「プリズン・ブレイク」でブレイクしたウェントワース・ミラー、「HEROS/ヒーローズ」のアリ・ラーターなど旬のキャストが共演。シリーズ第1作で監督を務め、公私共にミラのパートナーでもあるポール・W・S・アンダーソンが再びメガホンをとった。(作品資料-goo映画より)

「シリーズ第4作ができるか?たぶん。東京・芝浦の地下のアンブレラ社にミラが乗り込むのでしょうね」という第3話鑑賞後に記したが、案の定、ミラ・ジョボ演じるアリスのクローンがアンブレラ社の東京オフィスを襲う。2刀流で手裏剣は飛ぶし、日本的である。もっとも、東京オフィスは爆弾で破壊され、一緒に東京も火の海になってしまうのだから、なんだかめちゃくちゃである。最初の東京感染者は中島美嘉が演じているらしいが、言われて、あっそうか、という程度である。

Mira3

ゾンビは食虫花のように頭が割れるものの、なんだか群衆もあまり活躍しない。ストーリーは関係ないにしても、今ひとつぴりっとしない。それでも本作のラストを見ると、アンブレラ社の武装組織はアルカディア号を襲うようで、これは第5部ありということのようで、まだ完結には至らないようだ。

3D映画になったらしいが、こちらは2Dで見たので、立体画像によって圧倒される感じはなかった。それから我が愛すべきミラ・ジョボが老けて男っぽくなってしまい、なんだか悲しかった。

|
|

« 蜂谷涼著「舞灯籠―京都上七軒(かみしちけん)幕末手控え―」(新潮社、本体価格1500円)を読む | トップページ | ボルシェビキ選挙について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/49417486

この記事へのトラックバック一覧です: ミラ・ジョボの「バイオハザードIV アフターライフ」を見る:

« 蜂谷涼著「舞灯籠―京都上七軒(かみしちけん)幕末手控え―」(新潮社、本体価格1500円)を読む | トップページ | ボルシェビキ選挙について »