« 「第55回記念新北海道美術協会展」を見る | トップページ | 今夜も最高!に暑いっす »

2010/08/31

映画「海炭市叙景」プレスプレビュー

佐藤泰志原作の映画「海炭市叙景」(熊切和嘉監督)の完成プレスプレビューを見る。

Img_0040

8月30日、シアターキノ。映画ファンや函館からの映画関係者など約70人が観賞する。終了後には函館の関係者らを交えての懇談も行われた。

映画は18編の連作短編から5つのストーリーを抜き出している。

1=「まだ若い廃墟」。谷村美月。竹原ピストル。
2=「ネコを抱いた婆さん」。山中崇。
3=「黒い森」。小林薫。南果歩。
4=「裂けた爪」。加瀬亮・あがた森魚。大森立嗣。伊藤裕子。
5=「裸足」。三浦誠己。村上淳。

全編を貫いて「週末」の誇り高き市電運転士が人々を見守っている。また、「青い空の下の海」と思われるシーンも盛り込まれているので、オムニバスとしては重層的になっている。

小説では描かれていない部分もあれば、小説で語られていることが端折られているところもある。

映画は落ち着いた色調で函館=海炭市を描き出している。その中に貫かれているのは、ある種の哀惜であり、さらに状況を超えていく誇りである。

|
|

« 「第55回記念新北海道美術協会展」を見る | トップページ | 今夜も最高!に暑いっす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/49307370

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「海炭市叙景」プレスプレビュー:

« 「第55回記念新北海道美術協会展」を見る | トップページ | 今夜も最高!に暑いっす »