« 第143回直木賞候補作に対する感想文一覧 | トップページ | トイ・ストーリー3 »

2010/07/24

M.ナイト・シャマランの「エアベンダー」を見る

M.ナイト・シャマラン監督。ノア・リンガー。デヴ・パテル。ジャクソン・ラスボーン。クリフ・カーティス。デブ・パテル。セイチェル・ガブリエル。

かつて世界は、4つの王国-気、水、土、火-によって均衡を保っていた。各国には、それぞれ4つのエレメントを操る能力を持つ“ベンダー”が存在し、彼ら“ベンダー” の中で、すべてをマスターした者が“アバター”と呼ばれていた。その“アバター” によって世界の秩序は保たれ、人々は平和に暮らしていた。火の王国が反乱を起こすまでは……。世界に調和をもたらすことができる存在“アバター” になるべくこの世に生を受けた選ばれし者、それは、「気の王国」最後の生き残り、“エアベンダー” のアンだった。そして今、世界の命運をかけた壮大なトリロジーが始まる……。(作品資料より)(goo映画より)

Air1


ナイト・シャマラン監督による「スター・ウオーズ」ということだろうか。伝説の時代に世界の秩序を回復するため戦っていくエアベンダー=アバターの成長物語である。いかにもオリエンタルな世界観が面白い。

本当はフィフス・エレメントであるはずだが、それだとリュック・ベッソン映画になってしまうのだろうから、仕方ないか。ミラ・ジョボに対して、耳なし芳一かマルコメ小僧のノア・リンガー君ではいささかキャラも弱い。でも、カンフーポーズはなかなかかっこいいし、目力もすごいので今後の期待は大だ。それに、となりのトトロの猫バスならぬアッパ君が結構いい仕事をする。

Air2


噂によれば、3部作の第1章になるそうだ。過酷な運命を逃れたためにいまだエアベンダーであるアンが、モーゼもびっくりの見事な海の壁をつくって火の国軍勢を追い払う。つまりはウオーターベンダーの力も身につけたところで本作は終わった。気の弱い追放された王子に変わって父と同じような残虐さをもった姉がエアベンダー一行を次作では追いつめてくるようだ。

こりゃあシャマランらしくない作品という声もあろうが、でも、次が楽しみだなあ、というのが見終えての感想だ。追放された王子と叔父と父、さらには姉との関係にどんでん返しがあるといいなあ、とか、少年と母(姉)のようなアンとカタラとの関係もどう発展するのか(だって、アンはガキのようだけど、100年間も氷の中に眠っていたのだから、本当はカタラより年上だし)、皆殺しにされた気の国はどうなっちゃっているのか、アンのエアベンドは「かめはめ波~」みたいな凄技になるのか、いろんなことが気になるのである。

|
|

« 第143回直木賞候補作に対する感想文一覧 | トップページ | トイ・ストーリー3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/48965659

この記事へのトラックバック一覧です: M.ナイト・シャマランの「エアベンダー」を見る:

« 第143回直木賞候補作に対する感想文一覧 | トップページ | トイ・ストーリー3 »