« 伊藤整文学賞贈呈式の素晴らしきぐだぐだ | トップページ | 全道展を見に行く »

2010/06/19

65周年記念「全道展」授賞式・懇親パーティー

65周年記念全道展授賞式・懇親パーティーが6月19日午後5時30分から札幌・全日空ホテルで開かれた。

65周年記念全道展授賞式・懇親会

全道美術協会は1945年に創立され、戦後混迷期を抜け出し、北海道の美術界をリードしてきた団体だ。全道展には毎年、多くの人達から渾身の作品が寄せられている。今年は絵画、版画、彫刻、工芸の4部門に全部で633点の一般応募があり、33点が入賞、282点が入選となっている。

20100619181501


渡辺貞之全道美術協会事務局長、喜多義憲北海道新聞事業局長の主催者挨拶の後、油彩作品で最高賞となる「65周年記念賞」を得た室蘭市の主婦、大築笙子さんをはじめ、協会賞、道新賞などの受賞者表彰、会友推薦、会員推挙などのセレモニーが行われた。

65周年記念全道展授賞式・懇親会

菅訓章神田日勝記念美術館副館長のお祝いの言葉、乾杯で、懇親会に移った。長年、絵画を描き、彫刻を作り続けた「戦友」たちが一堂に会する場だけに、会場はさまざま情報交換や思い出話、明日への抱負などで盛り上がっていた

入選作のほか会員、会友などの作品570点を展示した全道展は6月27日まで(月曜休館)、札幌市民ギャラリー(中央区南2条東6丁目)で開催されている。観覧料は一般800円、大学高校生400円、中学生以下無料。

|
|

« 伊藤整文学賞贈呈式の素晴らしきぐだぐだ | トップページ | 全道展を見に行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/48672459

この記事へのトラックバック一覧です: 65周年記念「全道展」授賞式・懇親パーティー:

« 伊藤整文学賞贈呈式の素晴らしきぐだぐだ | トップページ | 全道展を見に行く »