« 光岡幸治「一原有徳 -版の冒険」を読む | トップページ | 桜井章一「努力しない生き方」(集英社新書)を読む »

2010/05/06

札幌の北洋大通センター開業

札幌・大通公園と駅前通りの角という超一等地にあった北海道拓殖銀行本店。その名門銀行がバブルに自ら踊り、「たくぎん」は1997年11月に破綻、道内店関係は地元の北洋銀行に営業譲渡された。

その本店跡はしばらく工事中であったが、2010年5月6日午前9時、北洋大通センターとして生まれ変わった。

札幌の北洋大通センター開業


新ビルは地上19階、地下4階という壮観ぶりで延べ床面積は5万8000平方メートルを超す。札幌テレビ塔から大通公園を大倉山、手稲山方向に眺めると、新ビルの高さが際だっている。札幌の新しいランドマークであることは間違いない。

この日は1階と地下のスイーツコーナー、ドラッグストア、コンビニなどと、仮店舗で営業していた北洋銀行の大通支店部分がオープンした。早速、昼休みにのぞいてみると、一階ロビーには道内各界からの祝花があふれていた。

札幌の北洋大通センター開業

その名も「大通ビッセ」という商業施設にはずいぶん人が集まっていた。たくぎん時代の巨大金庫もオブジェとして地下広場に置かれており、なんだか隔世の感がある。地下商店街からは地下鉄大通駅に方向に抜けることもでき、案外便利である。

札幌の北洋大通センター開業

|
|

« 光岡幸治「一原有徳 -版の冒険」を読む | トップページ | 桜井章一「努力しない生き方」(集英社新書)を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/48286199

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌の北洋大通センター開業:

« 光岡幸治「一原有徳 -版の冒険」を読む | トップページ | 桜井章一「努力しない生き方」(集英社新書)を読む »