« 城山三郎「仕事と人生」を読む。ダンディズムと反戦の心 | トップページ | 久野収、鶴見俊輔著「思想の折り返し点で」を異論を覚えつつぐずぐず読む »

2010/05/14

第21期女流王位戦第一局は甲斐女王が先勝

将棋の第21期女流王位戦第一局が13日、札幌市中央区の京王プラザホテル札幌で戦われた。

BF541567-03DC-4DC6-9FA1-DB32B969EB7A

第一人者の清水市代女流王位に、新鋭の甲斐智美女王が挑戦するという顔合わせだった。

午前9時に開始された対局は持ち時間それぞれ4時間を1分残して使いきり、午後7時30分、131手までで挑戦者の甲斐智美女王が清水市代女流王位を破った。


C0B776F7-E244-488F-AF64-BA2474E3952D

持ち時間が長い勝負は初めてという甲斐さんだったが、清水さんに挑むのが夢だったというだけに、疲れたと言いながらも嬉しそうだった。

|
|

« 城山三郎「仕事と人生」を読む。ダンディズムと反戦の心 | トップページ | 久野収、鶴見俊輔著「思想の折り返し点で」を異論を覚えつつぐずぐず読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/48355643

この記事へのトラックバック一覧です: 第21期女流王位戦第一局は甲斐女王が先勝:

« 城山三郎「仕事と人生」を読む。ダンディズムと反戦の心 | トップページ | 久野収、鶴見俊輔著「思想の折り返し点で」を異論を覚えつつぐずぐず読む »