« 村上春樹「1Q84 BOOK3 <10月-12月>」(新潮社、1995円)を読む | トップページ | 村上春樹「1Q84 BOOK3<10月-12月>」(新潮社、1995円)補遺 »

2010/04/17

映画クレヨンしんちゃん超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁

「映画クレヨンしんちゃん超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」を見る。
しぎのあきら監督。臼井儀人原作。声・矢島晶子。ならはしみき。藤原啓治。

クレヨンしんちゃん

映画版のクレヨンしんちゃんシリーズの第18作(たぶん)。この毒と薬のある映画は、まあ、私の人生の後半の楽しみの一つである。今回も4月17日封切りに合わせて観賞する。今回は未来の春日部(ネオトキオ)が舞台だ。内容は次のとおり。

ある日ナイスバディなおねいさんに助けを求められたしんのすけ。彼女の名はタミコ。5才のしんのすけの力を借りに未来の世界からやってきた、未来のしんのすけのフィアンセだと言う。お互い本当に結婚相手か疑いつつも、とりあえず2人とカスカベ防衛隊は未来都市“ネオトキオ”へ。しかしタミコが“ネオトキオ”の支配者、金有増蔵によって放たれた刺客・花嫁(希望)軍団によって連れ去られてしまい…しんのすけの運命やいかに?
コミック連載20周年を迎えた大人気コミックの劇場版第18弾。観客動員累計2000万人を超す大人気シリーズの最新作は、初の本格未来タイムスリップもの。未来の世界“ネオトキオ”で、大人となったしんのすけが助けを求めているというのだ。劇場版クレヨンしんちゃんの魅力の1つとして、野原家の親としんのすけ・ひまわりの絆の描き方がある。孫ほどにも年が離れたしんのすけたちとひろし・みさえが見せる交流は、これまでのシリーズとはまた違った形であり、ホロリとしてしまう。ゲスト声優としてTVバラエティ番組で活躍中の女性タレント5人が花嫁(希望)軍団として登場。実際にも婚活中である彼女らの、魂を込めた演技にも注目だ。(goo映画より)

今回は格差社会、婚活などが題材にされ、バラ色の未来ではなく、歪んだ未来が描かれる。途中、独身女性に対する結構ハードなセリフが飛び出すが、クレヨンしんちゃんだから許されるというところか。とにかく過剰なほど、小ネタが満載である。

クレヨンしんちゃん

寒く暗く格差がはびこる社会に叛旗を翻すのが、しんのすけと婚約者のタミコ。拝金主義者・金有の支配に対して、かわいい女の子にもてたいばかりに、世の中を明るくしようと考えるオバカさんパワーが炸裂する。しんちゃんはケツをふりふり、間違ったものに体当たりでぶつかっていく。いいよね、あの必死さ。エンディングに「臼井儀人先生に感謝をこめて」との文字が入る。作者亡き後も作品は残る。

初日とあって劇場にはクレヨンしんちゃんが来ていた。スタッフの人が一緒に写真をどうぞ、ツーショットまで撮ってくれた。しんちゃん、意外とでかい。

クレヨンしんちゃん

|
|

« 村上春樹「1Q84 BOOK3 <10月-12月>」(新潮社、1995円)を読む | トップページ | 村上春樹「1Q84 BOOK3<10月-12月>」(新潮社、1995円)補遺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/48110350

この記事へのトラックバック一覧です: 映画クレヨンしんちゃん超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁:

« 村上春樹「1Q84 BOOK3 <10月-12月>」(新潮社、1995円)を読む | トップページ | 村上春樹「1Q84 BOOK3<10月-12月>」(新潮社、1995円)補遺 »