« 北大総合博物館に行く | トップページ | 「読んでみたい源氏物語」 »

2010/03/05

林望著「夕顔の恋」

林望著「夕顔の恋」(朝日出版社、1470円)を読む。

かの有名コラム二ストでもあるリンボウ先生が紫式部の「源氏物語」の女性陣の中で、もっとも光源氏を虜にした夕顔という女性の魅力の秘密に迫る。

林望「夕顔の恋」


キーワードは「らうたし」であり、「らうたげ」である。市井の奥にひっそりと暮らしながら、それほどまでに男を夢中にさせるのか。身を隠して暮らしながら、生き霊に迫られ突然、命を奪われる運命。

古文と現代訳文を読み比べながら、物語の卓抜な設定と表現力も味わうことができる。

結論は現代女子からは反発を呼びそうなところであるが、アイドル論として理解すればいいのかもしれない。

|
|

« 北大総合博物館に行く | トップページ | 「読んでみたい源氏物語」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/47727291

この記事へのトラックバック一覧です: 林望著「夕顔の恋」:

« 北大総合博物館に行く | トップページ | 「読んでみたい源氏物語」 »