« 母親の四十九日 | トップページ | 平山さゆり新曲発表祝賀会 »

2009/12/08

「まるやまいちば」閉鎖へ

7日の北海道新聞夕刊によれば、「札幌の老舗小売市場『まるやまいちば』(札幌市中央区大通西24、37店舗)が来年3月末で閉鎖することが決まった。近隣地へのスーパーや大型商業施設の開店で客が減少したことや、各店主の高齢化が理由」とのことだ。

僕は1971年ころ、円山市場にあった青果店でしばらく働いていたことがある。入り口の前にあったその店は大繁盛店だった。朝、市場からネットに入ったタマネギが入荷すると、いっせいに並べる作業は力仕事だった。長芋が渋くないかどうか、カボチャが熟れているかどうか、不審がるお客の前で、スパッと切ったり、割ってみせる大道芸も身につけたものだ。

従業員は年配の人が多かったが、娘婿が僕と同世代だったり、教師志望の青年もいて、なかなか楽しかった。そのころ、近くにはちっぽけなパチンコ屋や2番館となる円山映劇という映画館もあって、にぎやかな下町だった。そう言えば、円山公園前からは三越前行きの路面電車も走っていた。

円山には1年半くらいしか暮らさなかったが、庶民的な街だった。いつのまにか少し上昇志向が強くなり、そんなところが、大型店などの攻勢に苦労した原因かもしれない。

1893年ころに市場ができたそうで、100年を超える歴史を持つ。庶民の市場としては、よくやったほうじゃないか。

|
|

« 母親の四十九日 | トップページ | 平山さゆり新曲発表祝賀会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/46966816

この記事へのトラックバック一覧です: 「まるやまいちば」閉鎖へ:

« 母親の四十九日 | トップページ | 平山さゆり新曲発表祝賀会 »