« 北海道現代具象展始まる | トップページ | 誕生日の3ヶ月前 »

2009/12/01

気がつけば、58歳

気がつけば、58歳
真夜中、目が覚めた。日付を超えると、12月1日は58歳の誕生日である。

東京の小娘さんからメールが来ていた。律儀なことだ。でも、ありがとうね。報われなくても努力は大切だよ。

格別の思いはないが、啄木に倣えば、未だ手つかずの多くの原稿があり、それを書き遂げて死にたいと思う。
そのさきは。

夢はそのさきにはもうゆかない
なにもかも忘れ果てようと思い
忘れつくしたことさえ忘れてしまったときには

夢は真冬の追憶のうちに凍るであろう
そしてそれは戸をあけて寂寥のなかに
星くずにてらされた道を過ぎ去るであろう
(立原道造「のちのおもいに」)

ろまんちしずむは哀しい性だと言うなかれ。立原道造はこうも言う。

夢見たものはひとつの幸福
ねがったものはひとつの愛

彼の夢想した美しい娘のいる静かな村は日本に今はなく、廃村の危機にさらされているだろうけれど。夢見る権利は今もなお現実を変える表現の根源にある。はずである。

|
|

« 北海道現代具象展始まる | トップページ | 誕生日の3ヶ月前 »

コメント

お誕生日おめでとうございます。

長谷川郁夫著『堀口大學~詩は一生の長い道』(河出書房新社)を読みはじめました。きっとお好みのことでしょう。お祝いに大學の詩を。

夕ぐれの時はよい時。
かぎりなくやさしいひと時。


投稿: 神保町 | 2009/12/01 17:39

ご無沙汰しております。

先ほど職場で会議をしながら書棚を見ていたら、坂崎重盛著「神保町『二階世界』巡り 及ビ其ノ他」(平凡社)がありました。

パラパラめくると、東京は神田神保町の名店が紹介されており、秘密の会員制の貴店も出ておりました(もっとも谷崎潤一郎に絡めるだけで、名前はないという不思議な紹介の仕方でしたが)。さすがですね。後世に残るとのこと。

私はほとんど力にはなれませんが、いっそうのご繁昌を祈念しております。

投稿: 席亭うど | 2009/12/01 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/46903775

この記事へのトラックバック一覧です: 気がつけば、58歳:

« 北海道現代具象展始まる | トップページ | 誕生日の3ヶ月前 »