« サッポロ・ホワイト・イルミネーション | トップページ | 第47回有島青少年文芸賞 »

2009/12/04

ベストセラーって何?

2009年 年間ベストセラー(トーハン調べ)が発表された。それによると、次のとおりだ。 

1「1Q84 (1)」「1Q84 (2)」村上春樹著 新潮社刊 各1,890円

2「読めそうで読めない間違いやすい漢字 誤読の定番から漢検1級クラスま 」出口宗和著 二見書房刊 500円

3「ドラゴンクエスト 星空の守り人 大冒険プレイヤーズガイド」Vジャンプ編集部著 集英社刊 1,200円

4「 新・人間革命(20)」池田大作著 聖教新聞社刊 1,300円

5「日本人の知らない日本語」 蛇蔵 海野凪子著 メディアファクトリー刊 924円

6「バンド1本でやせる! 巻くだけダイエット」 山本千尋著 幻冬舎刊 1,575円

7「私服だらけの 中居正広 増刊号 〜輝いて〜」 扶桑社刊 370円

8「告白」湊かなえ著 双葉社刊 1,470円

9「脳にいいことだけをやりなさい!  頭のいい人は『脳の使い方』がうまい!」 マーシー・シャイモフ著、茂木健一郎訳  三笠書房刊 1,470円

10「体温を上げると健康になる!」 齋藤真嗣著 サンマーク出版刊 1,470円

ベストセラーって何?

これを見てわかるのは、まともな本が大量に売れるとは限らないということのような気がする。反対に村上春樹を含めて宗教的なものやゲームもの、雑学・健康ものがよく売れていることがわかる。

もちろん数字に示される物質力は一つの現在を表す指標であることは間違いない。とすれば、現在の文化の質がいかに衰弱しているかが伝わってくるということか。

それにしても、ずいぶん寒い日である。

|
|

« サッポロ・ホワイト・イルミネーション | トップページ | 第47回有島青少年文芸賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/46935007

この記事へのトラックバック一覧です: ベストセラーって何?:

« サッポロ・ホワイト・イルミネーション | トップページ | 第47回有島青少年文芸賞 »