« 新しい玩具 | トップページ | 義理の妹が死去 »

2009/12/13

古代ローマ帝国の遺産展

古代ローマ帝国の遺産展
東京・上野の国立西洋美術館で9月から開かれている「古代ローマ帝国の遺産」展が12月13日で終わるというので、なんとか見に行く。

前夜の「原田康子さんをしのぶ会」では体調が悪いこともあって、二次会の誘いを丁重にお断りしたので、無事飛行機に乗ることができた。

ローマ帝国展は初代皇帝アウグストゥスにスポットを当て、帝都ローマと火山に埋もれたポンペイの2つ都市から発掘された富と文化遺産を多岐に渡って紹介している。

古代ローマ帝国の遺産展


ローマ文化といっても、エジプトやギリシャ文明の影響を受けている。文化とは伝承なのだとあらためて教えられる。

最終日とあって結構込んでおり、簡単に近づいて見られない出品もある。500円で音声ガイドの機械を借りたので、やや単調な展示も面白く見られた。入場料は1500円。

古代ローマ帝国の遺産展


建物の前にあるロダンの彫刻を見ると、西洋美術の力強さを見せつけられることだ。

|
|

« 新しい玩具 | トップページ | 義理の妹が死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/47011352

この記事へのトラックバック一覧です: 古代ローマ帝国の遺産展:

« 新しい玩具 | トップページ | 義理の妹が死去 »