« 「共犯幻想」を読む | トップページ | 警察シリーズ小説とエッセイ »

2009/12/23

旭川で営業

年の暮れなので、用事を片付けに午後から旭川に行く。

亡き馬場昭さんの本を置いてくれている書店に精算をお願いするためだ。店長のご厚意で20冊を預けたが、幸いにもすべて売れ、外商部から別に注文も入った。有り難いことである。

本棚に一冊もないのは寂しいので、新たに三冊置いていただいた。

その後、旭川では一番美味しい鰻屋のかどわきに寄って、ご挨拶がてら食事をする。馴染みの喫茶店に寄ったら、ママは、転んで左腕骨折よ、と包帯姿、右腕一本でコーヒーを淹れてくれた。

旭川で営業


旭川らしい季節の風物詩である。はずはないか。

|
|

« 「共犯幻想」を読む | トップページ | 警察シリーズ小説とエッセイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/47096405

この記事へのトラックバック一覧です: 旭川で営業:

« 「共犯幻想」を読む | トップページ | 警察シリーズ小説とエッセイ »