« 嵐のような1日 | トップページ | 「北の光をうたう 中野北溟の世界」 »

2009/09/13

TAJOMARU

TAJOMARU
中野裕之監督。市川森一&水島力也脚本。小栗旬。柴本幸。田中圭。やべきょうすけ。池内博之。本田博太郎。松方弘樹。近藤正臣。萩原健一。 

名家の次男に生まれながら、家を追われ、盗賊として生きるはめになった男を小栗旬が熱演するドラマ。芥川龍之介の「藪の中」に登場するキャラクターを基にしたオリジナル作だ。

時は戦国時代。畠山家の次男・直光は阿古姫という許婚もいて将来を約束されていた。ところが陰謀により家を追われ、2人は山中へ逃げ込む。そこで盗賊の多襄丸と出会った直光は、それまでの名を捨て、彼の名を継ぐことに。(MovieWalkerより)

TAJOMARU

期待して見たが、さっぱりでした。だめですよね、ニュー時代劇。「SF サムライ・フィクション」は面白かったのにねえ。本作、せっかくの謎解きドラマなのに、なんだかんだコントになったり、ミュージカルになったり、脱線しちゃってますね。

小栗旬以外の若手俳優はよくわからなかったのですが、桜丸さんという敵役の両刀遣いの青年が妙に唇は紅いし、顔もなんか悪人オーラが不足しているのでなんか、今一歩。お姫様も表情から苦悩が伝わって来ないので、これもダメだな。松方弘樹や本田博太郎なんかはすごすぎるので、ちょっと全体のバランスが悪かった気がします。

TAJOMARU

一応、「藪の中」らしく多重な視点から真実が語られるわけですが、なんか、意外に深みがないんですよね。タジュウマルが自由を求めて消えていくのはいいのですが、悪人を退治したことだし、しかも金塊(世の中を騒がすには、いささか少ないですが)を見つけたことですし、畠山の家を守っても良かったような気もしますが、賢い選択だったのかどうか。

|
|

« 嵐のような1日 | トップページ | 「北の光をうたう 中野北溟の世界」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/46201791

この記事へのトラックバック一覧です: TAJOMARU:

« 嵐のような1日 | トップページ | 「北の光をうたう 中野北溟の世界」 »