« 村上春樹著「1Q84 BOOK2<7月-9月>(新潮社刊、本体価格1800円)。 | トップページ | 「ジャーナリズムの可能性」を読む »

2009/08/04

「差別と日本人」を読む

「差別と日本人」を読む
野中広務&辛淑玉著「差別と日本人」(角川oneテーマ21、本体価格724円)

話題作を読む。

野中広務さんという老練な政治家の姿を知らされる。リベラルなのかそうでないのか、よくわからない。戦争が嫌いなことだけはよくわかった。

差別問題の厳しい世界を生き抜いてきたことはよくわかるが、それと実際の政治権力とはまた別のことがらに属するからだ。差別はあらゆる場所から解体しなければならない。

いずれにしろ麻生太郎という人物の品性に関しては下劣このうえないことだけは明らにされている。

|
|

« 村上春樹著「1Q84 BOOK2<7月-9月>(新潮社刊、本体価格1800円)。 | トップページ | 「ジャーナリズムの可能性」を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/45833732

この記事へのトラックバック一覧です: 「差別と日本人」を読む:

« 村上春樹著「1Q84 BOOK2<7月-9月>(新潮社刊、本体価格1800円)。 | トップページ | 「ジャーナリズムの可能性」を読む »