« 聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝展 | トップページ | ノウイング »

2009/07/11

ディア・ドクター

ディア・ドクター

西川美和監督・脚本・原作。笑福亭鶴瓶。瑛太。余貴美子。井川遥。香川照之。八千草薫。

山間の小さな村のただ一人の医師、伊野が失踪した。村人たちに全幅の信頼を寄せられていた伊野だったが、彼の背景を知るものは誰一人としていなかった。やがて刑事が二人やってきて彼の身辺を洗い始める――。失踪の2か月前、東京の医大を出たばかりの研修医・相馬が村にやってくる。看護師の朱美と3人での診察の日々。そんなある日、一人暮らしの未亡人、かづ子が倒れたとの一報が入る……。

『蛇イチゴ』『ゆれる』の西川美和監督が、笑福亭鶴瓶を主演に迎え、僻地医療や高齢化など現代の世相に切り込んだ人間ドラマの秀作だ。本作で映画初主演を務めた「日本で一番顔を知られた男」笑福亭鶴瓶が演じるのは、無医村に赴任した医師。村人から全幅の信頼を集めながらも、謎に満ちた彼の素性――。その医師の失踪をきっかけに浮かび上がる彼の行動と人物像を軸にした心理劇が展開される。『アヒルと鴨のコインロッカー』の瑛太をはじめ、八千草薫、余貴美子など、若手やベテランともに実力のあるキャストが集結した。前2作同様、“善”と“悪”の両極では決して語れない人間の複雑な内面を描くことに定評のある西川監督の脚本が秀逸だ。(goo映画より)

ディア・ドクター

このブログは極めて限定的な世界なので、一応備忘として書いておけば、本作は「日本にせ医者物語」である。一人の「にせ医者」を通じて、日本社会の持つ怪しげなグレーなあり方を浮かび上がらせる。そこには、断定的な見方はなく、矛盾を矛盾として引き受ける覚悟のようなものを感じさせる秀作である。

西川監督の前作「ゆれる」は兄弟の心の「揺れ」を描いたが、本作は人間関係というよりも、社会の「揺れ」を見つめているといえようか。

それにしてもキャストが豪華である。おなじみの香川照之は薬品メーカーのプロパーを卒倒するほど見事に演じている。井川遥は「トウキョウソナタ」でもなかなかのピアノ教師を演じていたが、今回は母親と疎遠な女医をしっかりと演じている。そして、母親役の八千草薫さまは年を重ねられてますます凛とした色気を感じさせてくださいます。あと主役の鶴瓶、瑛太、余貴美子のトリオは漫才顔負けの息のあった掛け合いを続けてくれる。最初から「にせ医者」はバレバレなのであるが、そこに観念=制度と現実の歪みを、しっかりとしたエピソードで照らし出すところが西川監督の力量というものであろうか。


|
|

« 聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝展 | トップページ | ノウイング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/45599619

この記事へのトラックバック一覧です: ディア・ドクター:

« 聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝展 | トップページ | ノウイング »