« 第20回伊藤整文学賞贈呈式 | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破/つづき »

2009/06/27

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
庵野秀明原作・脚本・総監督。摩砂雪 、鶴巻和哉監督。声:緒方恵美。林原めぐみ。宮村優子。坂本真綾。三石琴乃。山口由里子。山寺宏一。

汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗ることで、自ら戦うことを選んだ碇シンジ。大きな運命を託された14歳の少年の物語は、未知の領域へ突入する…。綾波レイと人気を二分するヒロイン、アスカがエヴァンゲリオン2号機に乗って参戦。加えて魅惑の新ヒロインが登場する。謎の生命体“使徒”とEVAシリーズの戦いは新エヴァンゲリオンの参加で、さらに激しくエスカレートしていく。スクリーンに続々と展開する、誰も見たことのないバトルシーン。驚異のスペクタクルの興奮は、未知の物語へとつながっていく。

あえてTVシリーズと同じ出発点からスタートしてみせた新EVA伝説。第2ステージからは、大きくポイントが切りかわっていく。そこから見えてくる全4部作の真の姿とは、はたして何なのだろうか?新キャラ・新エヴァなどの斬新な要素だけではなく、未知の展開に対応したデジタル時代のエヴァ映像も「破」の大きなみどころである。物語・映像の両面から、「序」で再構築されたはずのあらゆる事象は土台を失っていったん倒壊し、新劇場版は混沌の中から《未来》に向けて刷新されていく。それはまさにエヴァだけが可能とする行先不明の《ライブ感覚》。いま、大転換のための幕があがる。押し寄せる戦慄の感覚。それはまさに「破」なのである!(作品資料より)=goo映画より

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破


待望のエヴァ第二部の公開である。朝一番は起きられず、スガイで10時55分からの二番上映を見る。さすがに、会場は前列を除き、まずまず埋まっている。若い人が多いが年代層が広いのは、この作品の人気の息の長さか。

期待にたがわぬ内容である。特に、「序」はこれまでのテレビアニメをリフレインしていたのだが、「破」は新しい物語へと展開している。アスカの役割が変わり、新たなチルドレンの女子が加わり、そしてシンジとレイの関係はより濃密になってきている。

画像も格段に美しく、ダイナミックになった。サードインパクトとカオル君はもう間近まで来ている。そして、「序」「破」と来たら、次は「急」と思いきや、「Q」となって見事に肩透かしを食らわす予告編もなかなかである。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破


人類補完計画、サードインパクトと大きく広げられた風呂敷は、果たして最後にまたしても自意識の物語に終わってしまうのかどうか。とても気になる。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破


上映後にはお決まりのグッズコーナーにものすごい人だかりである。当然ながら、パンフ、メモ帳、携帯グッズなどを購入してしまった。

|
|

« 第20回伊藤整文学賞贈呈式 | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破/つづき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/45468072

この記事へのトラックバック一覧です: ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破:

« 第20回伊藤整文学賞贈呈式 | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破/つづき »