« 麻生さんの横顔 | トップページ | 旭川市中央図書館 »

2009/03/18

人生楽なく苦ばかり-姓名判断で開運祈願

占いブームだそうだ。

血液型占いの本がベストセラーになっている。

新聞も朝刊には生まれ月の「きょうの運勢」、日曜版には「星占い」。いずれも生活の心覚えとして根強い人気だ。

手相や顔相は街角での占いの主流だし、気の流れで建物や間取りを決める風水もある。

私は科学的思考を優先するから信用しない。

だが、気になる。

身内に不幸があり、一息つくまもなく知人が舌がんで入院した。低迷が続くので、姓名判断に初挑戦してみた。

その結果は結構、衝撃的。同姓同名の方は聞き流してもらいたい。

天格10。大凶。多難。チャンスを逃す。

 地格14。大凶。不遇。努力家だが意志薄弱。

 人格10。大凶。多難。むら気で凝り性。

 外格14。大凶。孤立。控えめ、人見知り。

どの流派で試しても五十歩百歩。いまさら名字が凶と言うのも困る。

http://mei.longseller.org/?m=div&fam=%E8%B0%B7%E5%8F%A3&fir=%E5%AD%9D%E7%94%B7

ここまでひどいと気が引けるのか全体は悪くないとの助け舟も付く。

総格24。大吉。愛情に恵まれる。財運強く切望せずとも手に入る。晩年は運勢上向く。

当然、総格の大吉を信じる。もっとも、もう十分晩年なのだが…。

一つすると、次が気になるのが占い。幸せな言葉探しは癖になる。なるほど、ブームになる。

|
|

« 麻生さんの横顔 | トップページ | 旭川市中央図書館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/44391601

この記事へのトラックバック一覧です: 人生楽なく苦ばかり-姓名判断で開運祈願:

« 麻生さんの横顔 | トップページ | 旭川市中央図書館 »