« 20世紀少年 第2章 最後の希望 | トップページ | 初めての歌志内 »

2009/02/01

砂川駅から中央バス

砂川駅から中央バス
砂川駅から中央バス

「20世紀少年」を見たのは2月1日である。その前日の1月31日。12時30分の列車スーパーカムイ21号で札幌駅から砂川へ向かう。13時14分が定時到着だが、発車が数分遅れたので、到着も同じだ。

おなかが空いていたので、駅で立ち食い蕎麦でも食べたかったが、質素というかそういうお店は見あたらない。駅前にもタクシーはいない。(たまにはいそうだが、この日はそうだった)なんだか、静かだ。

駅前からテクテク歩いて道銀を見ながら国道12号線を渡り、ちょっと行くと、中央バスターミナルがあった。

砂川は上砂川や歌志内から函館本線に出る玄関口だ。汽車のない現在はバスが住民の足だろう。大きなターミナルで、壁には張り紙がいっぱいだ。オウム真理教や革労協の活動家の手配写真が目立つ。オウム真理教のの爆弾娘や道内出身の青年は今どこにいるのだろうか。

自動販売機で530円を支払って乗車券を買う。おなかが空いているので、持参した沖縄のタンカンを食べる。売店が開いたので、130円のリンゴジャムの入ったパンを買って、水を飲みながら、いただく。

貧しいけれど仕方がない。朝、鼻血が出たし、頭痛がするのだ。ロキソニンやセルベックス、アリナミンなどの錠剤を飲んで、横になる。なんだかつらい旅だ。

午後2時少し前に5番乗り場にバスが入った。トイレで用を足してから、外にである。午後2時1分発である。行き先は歌志内。初めてである。


|
|

« 20世紀少年 第2章 最後の希望 | トップページ | 初めての歌志内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/43927966

この記事へのトラックバック一覧です: 砂川駅から中央バス:

« 20世紀少年 第2章 最後の希望 | トップページ | 初めての歌志内 »