« 悪夢探偵2 | トップページ | 「ゲバルト時代 SINCE1966-1973 あるヘタレ過激派活動家の青春」 »

2009/01/25

感染列島

感染列島
瀬々敬久監督・脚本。妻夫木聡。檀れい。佐藤浩市。藤竜也。国仲涼子。池脇千鶴。

正月明け、市立病院に務める松岡剛の元に1人の急患が運ばれてきた。新型インフルエンザに類似する症状だがワクチンが通用せず、患者は死亡。やがて同僚の安藤医師や他の患者に感染が広がり、病院はパニックになってしまう。WHOのメディカルオフィサーで松岡の元恋人・小林栄子が事態の収拾と調査に乗り出し、松岡も彼女と共に戦うことを決意するが、感染は日本全国に広がってしまい……。

有効な治療法のないウイルス感染症が広まった日本をリアルにシミュレートしながら、ウイルスと戦う人々の姿を克明に描き出した作品。感染患者が多数搬送され修羅場と化した医療現場で、自らの体力と精神を削りながら治療を続ける医師たち。そして感染症にかかってしまった患者たち。彼らが必死になって“今、できること”を模索し、実行する姿には胸を打たれる。その中心にいて、苦しい事態の中で感情を揺さぶられる医師を妻夫木聡と檀れいが熱演。そんな心を動かす物語の一方、作品の中で進んでいく感染被害の状況には、背筋の寒い思いをするはず。パンデミックの脅威について、大きな警鐘を鳴らす作品だ。(goo映画より)

新型でなくとも、インフルエンザが怖い今日この頃。正体不明の感染症のダメージを想像するだけで頭の中はパニックである。で、本作、そのパニック感を大変うまく伝えている。

病院は戦場だな、という感じがひしひしと浮かび上がってくる。人を救うということは命の選別である。そのリアリズムがいい。救急救命センターのスタッフにはちょっとなれないと思った。

さて、よくできた映画だが、謎のウイルスはどうも正体不明のままである。ワクチンが本当に間に合ったのかどうか。つまり、感染症に人間が勝った印象がどうも薄いのだ。ウイルスが「このくらいでやめてやるか。人間がいなくなると、オレたちも困るもんね」ていう感じが残る。私的には結構不安である。

東京の病院をやめた妻夫木聡先生の新しい職場が北海道北部の酪農地帯の診療所というのもオチとしては今ひとつの感じがしたね。

|
|

« 悪夢探偵2 | トップページ | 「ゲバルト時代 SINCE1966-1973 あるヘタレ過激派活動家の青春」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/43854567

この記事へのトラックバック一覧です: 感染列島:

« 悪夢探偵2 | トップページ | 「ゲバルト時代 SINCE1966-1973 あるヘタレ過激派活動家の青春」 »