« 人間どつく | トップページ | 冬将軍、猛攻の日 »

2008/12/26

リバイバル・ブルースDVD

リバイバル・ブルース
クロード・ガニオン監督・脚本。内藤剛志。奥田瑛二。桃井かおり。渡辺ほなみ。久保京子。野村麻紀。ミッキー・カーチス。

26年前に解散したとあるブルースバンド。企業戦士になる者、ゴールデン街に消える者、皆それぞれの人生を歩いてきた。そんな彼らが再会を期に、「リバイバル・亡いと」で復活することに。しかし、そこにはリアルに立ちはだかる「死」という現実が…。ノスタルジックな映像とブルースで綴る、大人の青春物語。(DVD紹介文より)

2003年カナダ・日本共同制作。

不思議な作品だった。ドラマなのだが、音声は生音っぽくて、あまりバックミュージックもかからない。役者は好きなようにしゃべっている。これがクロード・ガニオン監督流なのかもしれないが、今ひとつなじめなかった。

物語は青春プレーバックであるが、むしろ死と生(性)の相即性が強調されている。監督の世界観なのかもしれない。テーマは明快だが、先述のとおりグダグダしているので、痛さだけが伝わってくる。

それでも内藤剛志は友情とセックスを全力で演じているし、監督の作品を待っていたという桃井かおりは「ちんちんブルース」などという奇天烈な歌をとっても魅力的に歌う。随所に「やられたな」という部分が多いことも事実であった。

狸小路を歩いていて、一枚280円の中古品を購入した。

|
|

« 人間どつく | トップページ | 冬将軍、猛攻の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/43534109

この記事へのトラックバック一覧です: リバイバル・ブルースDVD:

« 人間どつく | トップページ | 冬将軍、猛攻の日 »