« 菱川善夫を偲ぶ会 | トップページ | 「芸術言語論」への覚書 »

2008/12/14

バンク・ジョブ

バンク・ジョブ
ロジャー・ドナルドソン監督。ジェイソン・ステイサム。サフロン・バロウズ。スティーヴン・キャンベル・ムーア。ダニエル・メイズ。リチャード・リンターン。

イースト・ロンドンで中古車ディーラーを経営するテリーは、知り合いの女性マルティーヌから銀行強盗の話を持ちかけられる。「一生に一度のチャンス」と説得され、計画実行を決意する。テリーは総勢7人の実行メンバーを集め、地下トンネルを掘り金庫への侵入に成功する。しかし、その盗んだ貸金庫の中には、犯罪組織はもちろん、イギリス政府や警察、王室までもが関係する秘密が預けられていたのだ…。

1971年、ロンドン。とある銀行の地下金庫に強盗団が侵入、数百万ポンドにも及ぶ現金と宝石が強奪される事件が起こった。事件は数日間トップニュースとして報道されたあと、突如打ち切られた。それはイギリス政府からのD通告(国防機密報道禁止令)によるものだった……という実話を基にしたクライム・サスペンス。王室スキャンダルの漏洩!?という大胆な仮説を軸に、“事情”を知らない強盗団、政府高官、裏社会の顔役、汚職警官らが絡み合うストーリーは非常にスリリング。『トランスポーター』などのジェイソン・ステイサムが主演だが、いつものB級アクション“臭さ”を感じさせない、見応えのある作品となっている。(goo映画より)

ジェイソン・スティサム。頭のてっぺんは薄いのに、ヒゲは濃い。いかにも善良な市民からは程遠い。犯罪者かアウトローか。とにかく、逸脱しているのが、魅力という存在だ。

中古車屋のおやじだが、いずれ大仕事を狙っている。まさにピッタリの役だ。銀行ギャングの仕事が王室スキャンダルに変わるのは、イギリスらしい。しかも、開けたパンドラの箱は次々と災いをもたらす。

絶体絶命のピンチから、どう抜け出すか。その駆け引きが勝負だ。映画は絶妙な緊張感でギャングと秘密をつかまれた男たちの攻防が描かれている。

悪漢小説の登場人物たちは完璧ではないが、なかなか個性的で、作品を楽しくさせている。

|
|

« 菱川善夫を偲ぶ会 | トップページ | 「芸術言語論」への覚書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/43417284

この記事へのトラックバック一覧です: バンク・ジョブ:

» 「バンク・ジョブ」のんびりした銀行強盗が思わぬ展開に [soramove]
「バンク・ジョブ」★★★☆ ジェイソン・ステイサム、スティーヴン・キャンベル・ムーア 、サフロン・バロウズ 主演 ロジャー・ドナルドソン 監督、イギリス、110分 「緻密さなんて丸でない、のんびりとした銀行強盗が アンタッチャブルな事実に触れてしまう、 緊迫感よりも、 ゆるいスピード感を楽しみたい」 ジェイソン・ステイサムは「デス・レース」を見たばかりなのに また一味違う映画で出会う。 もちろん知的な役ではないが 人間味が感じられて ラストも爽快で面白かっ... [続きを読む]

受信: 2009/01/09 07:40

« 菱川善夫を偲ぶ会 | トップページ | 「芸術言語論」への覚書 »