« レッドクリフ PartI | トップページ | 歯、痛たたたー »

2008/11/03

ブーリン家の姉妹

ブーリン家の姉妹
ジャスティン・チャドウィック監督。ナタリー・ポートマン。スカーレット・ヨハンソン。エリック・バナ。ジム・スタージェス。エディ・レッドメイン。アナ・トレント。

16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリン卿は一族繁栄のために才気あふれる美しい娘アンを国王ヘンリー8世の愛人に差し出すことを目論む。ところが、王の心を捉えたのはアンの妹で凡庸だが気立ての良いメアリーだった。一家は宮中に移り住み、メアリーは王の子を身籠る。一方、妹に栄誉を奪われたアンは一時フランスへ追放されるが、やがて呼び戻され、大胆にも王妃の座を狙って策略を巡らすのだった。(goo映画より)

フィリッパ・グレゴリー原作。

エリザベス女王の映画をケイト・ブランシェットで、ずいぶん見せてもらった気がするが、本作はその生みの親の物語だ。賢い姉とピュアな妹。対照的な2人の娘が新しいイギリス王室の土台を作ったというのが面白い。

ナタリー・ポートマン演ずる姉のアン。一見エゴイスティックだが、カトリックのくびきを脱し、イングランド国王の独立性を高めるのに貢献したように思える。歴史と人間というテーマは面白い。

妹メアリー役のスカーレット・ヨハンソン。演技しているのだろうが、無意識と思わせるようなエロさが滲み出ているのが面白い。

傑作とか言うのとは違うが、なんかよくできた映画であった。

|
|

« レッドクリフ PartI | トップページ | 歯、痛たたたー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/43001326

この記事へのトラックバック一覧です: ブーリン家の姉妹:

« レッドクリフ PartI | トップページ | 歯、痛たたたー »