« 雪の天元戦 | トップページ | イーアス札幌 »

2008/11/21

歯痛い気持ちはままあならぬ(小樽のひとよ、かよ)

20日は午後9時前には爆睡し、21日は午前6時に起きた。よく寝た。シャワーを浴びてから、朝飯を食い、家を出る。

行き先は近くの歯医者である。先日、神経を抜いたところがようやく収まったので、そこを埋める。まあ、それで長かった治療もジ・エンドである。

早速、口の中で道路工事が始まり、ぎゅるぎゅるぎゅる。くうぇくうぇ。そんな感じで突貫作業が進み、「それでは、これでオシマイ」となった。次に来るのは3カ月後でいい、とのことである。

歯科医院を出たら、まだ歯が痛い気がした。終わったつもりでいることに限って終わっていないことは、よくある話だ。

「これでオシマイ」というのは結構、怪しい。

交差点でタクシーが走っているのを見て、そういえば、あそこまでなら970円とか思って1000円札を用意している時に限って、なぜか止まる瞬間にメーターが1050円に上がることがあることを思い出した。なんか似ている。

|
|

« 雪の天元戦 | トップページ | イーアス札幌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/43181917

この記事へのトラックバック一覧です: 歯痛い気持ちはままあならぬ(小樽のひとよ、かよ):

« 雪の天元戦 | トップページ | イーアス札幌 »