« 緒形拳さん死去、71歳 | トップページ | 民衆の味方・プルガサリ »

2008/10/08

異能のボクサーからのコメント

自分のブログであるが、いつも見ているわけではない。コメントはとりあえず自由に書き放題。まずいのがあれば消させてもらうが、放置してある。

で、さきほど見たら、市川次郎さんからのコメントだ。それも金子勝さんの本を紹介したところに書き込んでいるので、すっかり忘れていたので驚いた。

市川さんはボクサーなのだが、戦っている姿は見たこともない。日本の年齢制限の壁を乗り越えて、戦っているのだから仕方がない。
以下は、コメントの引用。

<尊敬する金子勝先生の本を宣伝していただき、ありがとうございます。

金子先生が「破天荒」だから、集まってくる人間にも破天荒なのが多いのかもしれません。
なんて言うと、お前みたいのは破天荒とは言わない、ただの行き当たりばったりと言うのだと叱れてしまうかもしれませんね。

行き当たりばったりに見えながら、本人は、ボクシングを続けるための緻密な計画とうそぶいて、歌や小説にも挑戦しております。お読みいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

出せない手紙 魔法のiらんど
http://dp.tosp.co.jp/?action=event_letter_view&sno=1924

満腹ボクサーのホームページ[魔法のiらんど]
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=jirokissan  

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=jirokissan

詳しくは本人のページがあるので、そちらを見ていただきたい。

僕もいつもいろいろな壁にぶつかっている。そんな時、いつも思い出すのは、フォアマンの45歳の復活だ。僕はもう遠くにきてしまったけど、フォアマンの45歳のファイティングスピリットにいつも励まされる。

市川次郎さんからメールをもらえるとは思わなかった。サプライズが続くなら、林葉直子さんあたりからコメントが来ると、すごくうれしい。彼女が10代のセーラームーンだったころ、何度も東京の将棋会館であったことがある。みんな、つまづいても、生きていく姿勢がいい。

市川次郎さん、これからもご活躍を。杓子定規にトリプルクロスパンチを!


|
|

« 緒形拳さん死去、71歳 | トップページ | 民衆の味方・プルガサリ »

コメント

サプライズはこちらの方です。グーグルで、ときどき「市川次郎」で検索するのですが、しばらく「金子勝 市川次郎」では検索していなかったので、気がつくのが遅くなりました。
ジョージ・フォアマンは私のもっとも尊敬するボクサーです。
フォアマンがチャンピオンに返り咲いたのが45歳。私も、もうすぐで43歳になります。だんだん厳しくなっては来ていますが、フォアマンのコーチをしていたアーチー・ムーアは、39歳でライトヘビー級の世界チャンピオンになり、50歳までタイトルを保持しました。私もまだまだ戦うつもりでおります。
小説と歌で海外への遠征費用を稼ぐつもりでおります。小説、読んでいただけたら幸いです。

投稿: 市川次郎 | 2008/10/11 18:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/42728091

この記事へのトラックバック一覧です: 異能のボクサーからのコメント:

« 緒形拳さん死去、71歳 | トップページ | 民衆の味方・プルガサリ »