« 深まる秋色 | トップページ | 桜木紫乃「風葬」を読む »

2008/10/12

マー君の色紙

マー君の色紙
マー君の色紙
連休でまったりしている。家のほうも食事の支度が面倒だとなった。

仕方がないので、近くの某Hホテル(Hなホテルではない。念のため)に朝飯を食べに行った。

バイキングで850円は、相場的には安い。もっとも、Hホテルは中学生や高校生の団体が多い。よく、なんたら高校、などと書いたバスが停まっている。そんなせいか、食い盛りの子供向けで食材の量も多く、おいしかった。

一階の狭いロビーを見たら、ガラスケースに色紙や野球の記念ボールがいっぱい入っていた。

近づいて見ると、「監督香田誉士史 感謝」とあり、子供の名前が並んでいる。もう一枚の目立つのを見る。「駒大苫小牧 田中将大 気持ち #1」とあるではないか。

バスのそばで、ざわざわしていた坊主たちの中に、あのマー君がいたのである。

マー君と駒苫ナインの大きな恩返しというところか。小さなHホテルの大きな自慢かもしれない。

|
|

« 深まる秋色 | トップページ | 桜木紫乃「風葬」を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/42760844

この記事へのトラックバック一覧です: マー君の色紙:

« 深まる秋色 | トップページ | 桜木紫乃「風葬」を読む »