« 名月、敬老の夜 | トップページ | ナナカマド色づく »

2008/09/15

パコと魔法の絵本

パコと魔法の絵本
中島哲也監督・脚本。後藤ひろひと原作。役所広司。アヤカ・ウィルソン。妻夫木聡。土屋アンナ。阿部サダヲ。加瀬亮。小池栄子。劇団ひとり。山内圭哉。

一代で会社を作り、我侭放題に生きてきた大貫は、持病で入院していた。病院には、患者も医者も看護婦もクセのある者ばかりが集まっていた。その中で唯一、ピュアな心を持っていたのが、交通事故で入院した少女パコ。我侭な大貫だったが、パコの優しい心に打たれ、毎日、絵本を読み聞かせるように。しかし、事故の後遺症でパコの記憶が一日しか持たないと知った大貫は、パコのために絵本をお芝居にしようと病院の人々に呼びかける。

『下妻物語』、『嫌われ松子の一生』など、カラフルで毒のある作品を放ってきた中島哲也監督作品。原作は、後藤ひろひとの舞台「MID SUMMER CAROL ガマ王子VSザリガニ魔人」。我侭で孤独な老人と清らかな心を持った少女の交流をシニカルに描いたブラックなファンタジー映画。“病的”な人々が繰り広げるカオスなクライマックスが見どころ。意外なオチもナイス。主演は、役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、阿部サダヲほか。日本映画界を代表する豪華キャストだが、ほぼ全員がこれまでと全く違った役に挑んでいるのに拍手を送りたい。特に、これまでのキャリアを全て捨てるかのような汚れ役を演じた妻夫木聡は絶賛もの。(goo映画より)

泣けた。ホントに泣いたぜ。

中島監督は「嫌われ松子」や「下妻」も凄かったが、本作は泣けたうえに、奇想天外のおもしろさだった。実写(と言っても、それ自体が十分アニメチックなのだが)に加えて、童話(絵本)の世界になると、まさしくアニメになり、それが人間の実演のようなキャラの立ちぶりがある。

基本ストーリーは我が儘爺さんと特別な病気を持った少女との心をつなぐ物語。そこに、さまざまな異形の者が加わり、メーンテーマを変奏していくのである。そして、意外なところに謎を解く鍵が埋め込まれている。そして、ラストのエピソードは「そうだったか」と納得しつつ、涙が止まらない。

人間の性は悪であるが、しかし、善に向かって生きているのだと思わされる。

出演者はみな特殊メークを楽しんでいるのだろうが、熱演だ。もちろん、度はずれな演技ばかりであるが、それがちょうどいいのだ。

それにしても、色遣いといい、中島監督は鬼才だな。

|
|

« 名月、敬老の夜 | トップページ | ナナカマド色づく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/42487088

この記事へのトラックバック一覧です: パコと魔法の絵本:

» パコと魔法の絵本観ました!(^o^)/ [アヤカ・ウィルソン応援サイト【非公式】]
映画「パコと魔法の絵本」を観ました! (^o^)/ アヤカ・ウィルソンかわいい! 映画も、泣ける。泣ける。 監督は「下妻物語」「嫌われ松子の一生」を撮った中島哲也監督。 人の「狂気」について掘り下げている監督さん。 それを「パコと魔法の絵本」では今回はCGを使って..... [続きを読む]

受信: 2008/09/15 23:11

« 名月、敬老の夜 | トップページ | ナナカマド色づく »