« ストリート・レーサー | トップページ | 奥平忠志マイ・ウェイ »

2008/09/09

重陽

重陽
重陽
重陽
きょうは「重陽の節句」である。

私のもっとも好きな日だ。見上げると、空には秋の澄んだ青い色が広がっている。

さっそく、テレビ塔のそばの陸橋(横断歩道橋)に登ってみた。札幌の街はツチ音高く変わろうとしているようだ。

以前、新聞にも書いた杜甫の七言律詩「登高」を記しておこう。

 風急天高猿嘯哀
 渚清沙白鳥飛廻
 万里悲秋常作客
 百年多病独登台

(風は急に天は高く猿の声は悲しげだ。渚は清く砂は白く鳥は飛びまわる)
(遠く故郷を離れ悲しい秋景色の中で私は常に旅人だ。いつも病気に苦しみ一人で高台に登っている)

重陽とは縁起の良い奇数が2つ重なるもっとも縁起のいい日だ。だが、その日とて、詩人の孤独は去らない。

生きることは楽ではない。

|
|

« ストリート・レーサー | トップページ | 奥平忠志マイ・ウェイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/42424647

この記事へのトラックバック一覧です: 重陽:

« ストリート・レーサー | トップページ | 奥平忠志マイ・ウェイ »