« 重陽 | トップページ | 重陽のテレビ塔 »

2008/09/09

奥平忠志マイ・ウェイ

奥平忠志マイ・ウェイ
奥平忠志遺文集「マイ・ウェイ」。自費出版。

昨年8月24日に、71歳で亡くなった奥平忠志さん(道教育大名誉教授、地理学)の遺文集(自費出版)をいただいた。
 
奥平さんは東北大理学部卒。北海道教育大函館分校講師、助教授などを経て1981年から99年まで教授を務めた。99年から2004年まで札幌国際大教授。この間、90年から02年まで北海道新聞文化面のコラム「魚眼図」を執筆している。

本書はその「魚眼図」の文章を中心に、月刊北海道自治研究に書いた「鋭角鈍角」などの論文などが収められている。また、実兄の東大名誉教授、奥平康弘さんの寄稿も添えられている。

「道南の名伯楽であり、行動派学者という多面性をもつ巨星を描ききることは難しい」と編者の萩本和之さんは書いている。

また、道新の紹介記事によると、「奥平さんは道教大函館校教授時代、函館の歴史的風土を守る会の会員として古い街並み保存に力を注いだ。一九九九年には、札幌国際大の初代観光学部長に就任。観光の検定制度の創設を通じ『自然一流、施設二流、人間三流』とやゆされる北海道観光を改革した。」そうだ。

|
|

« 重陽 | トップページ | 重陽のテレビ塔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/42425111

この記事へのトラックバック一覧です: 奥平忠志マイ・ウェイ:

« 重陽 | トップページ | 重陽のテレビ塔 »