« レオナール・フジタ展。 | トップページ | 崖の上のポニョ »

2008/08/24

落語娘

落語娘
中原俊監督。ミムラ。津川雅彦。益岡徹。伊藤かずえ。永田俊也原作。

「絶対、真打になる!」と、12歳の時に落語に目覚めて以来、大学の落研で学生コンクールを総なめにしてプロの門をたたいた香須美。拾ってくれたのは奇行三昧で知られる業界の札付き・三々亭平佐だった。一度も稽古をつけてくれないばかりか、不祥事を起こしてしまって、寄席にも出入り禁止状態。そんな破天荒な師匠にTV局から、これまで演じた者が必ず命を落とすという呪われた演目「緋扇長屋」に挑む話が舞い込む…。(goo映画より)

「寝ずの番」というテレビ放送はまず無理という面白い作品をつくっている津川雅彦が本作では、まるで地のままのような破天荒なエロ落語家を演じていて魅せる。怪談噺を達者に演じて見せる。

主演のミムラの熱演は光るが、落語の「寿限無」「景清」を聞くと、今ひとつ無理筋か。名前は知らないが、少女時代を演じた子役のほうがうまかったのはご愛敬か。夕張ロケが懐かしい「着信アリ2」でも主役だった。

中原俊監督の作品と言えば、「コキーユ」という作品を思い出す。小林薫に風吹ジュンを主演に、熱い青春を送った中年男女の恋の第2ラウンドを描いていて、すこぶる素晴らしかった。

本作はセクハラ、パワハラ。トラハラ(これは私の思いつきで、トラディショナル・ハラスメント、すなわち伝統をかさにきた排他主義のことです)など女性落語家を取り巻く環境の過酷さも浮き彫りにしていて、そこもよかった。

|
|

« レオナール・フジタ展。 | トップページ | 崖の上のポニョ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/42254512

この記事へのトラックバック一覧です: 落語娘:

« レオナール・フジタ展。 | トップページ | 崖の上のポニョ »