« 落語娘 | トップページ | ハンコック »

2008/08/24

崖の上のポニョ

崖の上のポニョ
宮崎駿原作・脚本・監督。声・山口智子、長嶋一茂、天海祐希。

海を臨む崖の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、瓶に入り込んで動けなくなっていたさかなの子・ポニョを助けた。一緒に過ごすうちにお互いのことを好きになる2人だが、ポニョの父親・フジモトによってポニョは海へ連れ戻されてしまう。それでも宗介を想い、人間になりたいと願うポニョは、妹たちの力を借りてフジモトの蓄えた魔法の力を盗み出し、再び宗介の元を目指すが……。(goo映画より)

「ポーニョ、ポニョ、ポニョ、人面魚(ウソ)」というフレーズが頭に残って仕方がない。テーマソングで、つかみはOKのジブリの新作「崖の上のポニョ」。すごいです。この絵とストーリー。パワフルでした。

海は生命(誕生と死)の故郷です。そこから過剰な生命力のポニョが吹き出してきます。その結果、嵐は来るわ、海は太古に戻り、海水面はぐんと高くなります。荒ぶる神(ポニョの無意識)を鎮めるためには、ポニョの魔法を解体する以外にありません。なかなか考えさせられるすとーりーでした。

それにしても、人面魚のポニョはすごい。どんな困難にもめげず、好きだから、と前向きである。まあ、相思相愛だからいいけれど、こんな激しいメタモルフォーゼのポニョっ子に迫られると、困っちゃうな、と思う脳天気な私である。

|
|

« 落語娘 | トップページ | ハンコック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/42261028

この記事へのトラックバック一覧です: 崖の上のポニョ:

» 崖の上のポニョ [Matthewの映画日記?]
崖の上のポニョ、観てきました{/m_0140/} あらすじは、 港町にある崖の上に住む宗介は、保育園へと向かう前に、家の下にある岩場へと下りて行った。 波打ち際に、瓶に詰まった金魚を見つけ、岩で瓶を割り、グッタリとしている金魚を、バケツに水を張り、飼うことに決めた。保育園に向かう時間となり、保育園へと金魚を連れて行くことにした宗介は、車で向かう途中、その金魚に“ポニョ”と名づけ、「僕が守ってあげるからね」とポニョに向かって言うのだった。しかし、園に連れて行ったものの、木の陰に隠した宗介はポニ... [続きを読む]

受信: 2008/08/28 04:11

« 落語娘 | トップページ | ハンコック »