« ハンコック | トップページ | ありますね、病院小話 »

2008/08/25

吉増剛造展 詩の黄金の庭

吉増剛造展詩の黄金の庭
北海道立文学館で、8月31日まで。

いやあ、やっぱり難しい。というのが実感だ。この展覧会に来て、詩の素晴らしさを堪能して帰った人がどれだけいたか、ぜひ知りたいと思った。

もっと、大衆性を獲得しなければ、現代詩は文学ではなく、現代詩という実験で終わる。

パフォーマンスをしている吉増さんに対してすら、そう思う。

前衛の時代は終わり、大衆的知識人の時代に軸足は移っているのではないか。

|
|

« ハンコック | トップページ | ありますね、病院小話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/42266556

この記事へのトラックバック一覧です: 吉増剛造展 詩の黄金の庭:

» 「詩の黄金の庭 吉増剛造展」/カルチャーナイト [お月さまになりたい。]
先日まで、展示会場である北海道立文学館にて主に行われた吉増剛造展のイベントに通いつめていましたが、 やはりイベントのある日は、人も多いですし、17時の閉館まで イベント終了後あまり時間がありません。 17時までなので学校帰りに寄ることも困難でした。 そのため吉増剛造展をまだじっくりと見ることができていなかったのです。 6月29日は展示室にはいったものの、閉館まで30分ほどしかなく、 展示の中ほどで時間切れになってしまいました。 そこで私が目をつけたのが、本日文学館にて行われた、... [続きを読む]

受信: 2008/09/02 21:13

« ハンコック | トップページ | ありますね、病院小話 »