« 吉増剛造展 詩の黄金の庭 | トップページ | 床屋政談ですが »

2008/08/26

ありますね、病院小話

 半年ほど義母の介護をしたので、病院がすっかり身近になった。気分転換なのか病院には小話が多い。

 有名なのは、待合室のお年寄りの会話。
 「最近、トメさん見なくなったね」
 「病気なのかねえ」

 これは結構、本当の話に近い気がするが、最近は後期高齢者医療制度のせいなら、笑えない。

 以下は病院うそ話集。

 ▽腕利きの眼科。ドクターはトイレで用を足しても手を洗わない。患者が先生の手はきれいですかと聞くと、「大丈夫、アルコール消毒ずみ」

 ▽ある産婦人科医。古典芸能系の名取。素晴らしい腕なのだが、患者の評判はいまひとつ。実は芸名がナンザン。

 ▽ある産婦人科医。その後日談。患者に評判が悪いというので芸名を変えたら、税務署に入られてしまった。新しい名前はカイザン。

 ▽武士道に心酔している外科医。診察より葉隠の話が長い。メスさばきの腕もすごいが、日本刀のほうがもっとすごい達人らしい。時々、手術に使うらしい。

 ▽ヤブの中。「あの先生はヤブだ」と他人批判をする医者に限って、ほかの先生からはヤブと言われている。そのことを言う先生にかかっている限り、ヤブ医者の輪廻から抜け出せない。

 ▽新しいもの好きの院長。久しぶりに行くと、「そんな効かない薬、どこの馬の骨が出した」と怒鳴る。
 馬の骨はアナタ!

|
|

« 吉増剛造展 詩の黄金の庭 | トップページ | 床屋政談ですが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87302/42278964

この記事へのトラックバック一覧です: ありますね、病院小話:

« 吉増剛造展 詩の黄金の庭 | トップページ | 床屋政談ですが »